こじらせ部屋からの脱出

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせ部屋からの脱出

おもに体型・ファッション・恋愛・気の持ちようについて

「清潔感」とは何か。

ファッション ファッション-理論・理屈

 
「清潔感」ってなんでしょう?

・ちゃんと風呂に入る
・爪をきれいに切る
・歯をきれいに磨く

など…

これらは清潔感の「要素」でしかありません。

 

「清潔感」の本当の意味、知ってますか。

 

何をやっても清潔感が出ず、イマイチ生理的に受け入れがたい人っていますよね。

なぜなんでしょう? 

 

何が違って、何が足りないのか。

 

その疑問にお答えします。

 

 

 

 

 

※この後ちょっとかわいそうな動物の画像が含まれます!!! 問題ない方のみ閲覧ください!!!

 

清潔感をフィーリングで理解

まずこちらをご覧ください。

 

f:id:mw-matrixa:20170421211849j:plain

こちらの犬(A)と

 

f:id:mw-matrixa:20170421211913j:plain

こちらの犬(B)

 

質問です。

 

・襲い掛かってくる可能性が高いのはどっち?

・噛まれた場合、どっちが狂犬病※の可能性高そう?

 ※狂犬病は人間が発症したら99.9%死にます。激痛です。

・その狂犬病のワクチン、打ってないとしたらどっち?

 

 

言いたいこと伝わったでしょうか。



なんとなくBだと感じましたよね?



それが清潔感の正体です。
 

いや、そりゃキレイな犬とそうじゃない野良犬なら…って


大事なのは質問のほう。 

 

清潔感の正体

それは、

相手が「自分の生存・健康を脅かさないか」の感覚情報


さらにいえば


「こいつは絶対自分の生存・健康を脅かさない」と感じさせる五感の情報


です。

 

上で示したBの野良犬もよく見ると賢そうな顔をしていますよね。襲い掛かってくるとか感染症の心配などといったものの、じつは人懐っこく健康そのものかもしれない。

 

でも、なんとなくBのほうが危ないかな?って感じましたよね。それを写真を見ただけで瞬時に判断できるのは、それが動物としてのヒトの能力だからです。
 

f:id:mw-matrixa:20170421231005p:plain

 

大事なのは五感でわかる情報

ここで判断基準になるのはあくまで五感に訴えかける情報です。

 

・キレイ?(病気の回避)
・変なニオイしない?(病気の回避)
・社交的で危害を加える雰囲気がない?(暴力の回避)
・よくわからなく、不気味な感じがしない?

 

ということをヒトは無意識に感じ取って即時判断します。

ここではどんなに中身が立派でも、ぱっと身・無意識下に「病気もってそう」と判断されたら大幅減点です

また、「敵意があるかどうかわからない不審さ」もアウトです。

 

逆に内側でどんな感染症を持ってようと、外側で「病気なさそう!」なら清潔感OK。

またどんなに精神的に病んでいたりすぐ暴力に訴える人でも、それが感覚情報から一切悟られなければ清潔感的にはOKです。

 

これは多少の差はあれ、誰が厳しいとかいう話ではないです。
生き残りたいという生き物の根源的に欲求に基づくものですからね。


清潔感について説明されるときの「なんか無理」というその「なんか」は、動物的に危険を回避しようとしている本能の現れなんですね。

 

清潔感の要件


さて、清潔感が「自分の生存・健康を脅かさないか」の感覚情報だとお伝えしました。

では、その生存・健康を脅かすかどうかは何で判断されるのでしょうか?

生存・健康を脅かさない

生存・健康を脅かさないを細分化すると

・病気を持ってなさそう

・害意がなさそう

ということになりますね。

 

f:id:mw-matrixa:20170422171746j:plain


そして「病気を持ってなさそう」は

・異臭がしないこと

・身体のいたる部位が健康的であること

 ・毛は豊富、ツヤツヤであること

 ・肌はツヤツヤ、荒れがなく血色がよいこと

 ・目が血走ったり、呼吸が荒くないこと

これは感染症の可能性があるとか関係ないです。もっと本能的に察していることなので、とにかく身体的な健康が荒れていないことが大事です。

なんとなく、呼吸が乱れて人って見てて微妙な気持ちになりませんか。それは脳が勝手に
もしかして :  病気 と無意識に推測しているからなのです。


また、「害意が無いこと」は

・表情や身体がリラックスしていて柔和な雰囲気であること
・社交的でコミュニケーションが取れそうなこと(Aの犬を思い出してください)

あたりから汲み取れるでしょう。

 「図」
このうち、表情や身体の雰囲気は清潔感じゃねーだろ!って思うかもしれませんが、「『清潔感が無い』と表現される表情や動き」は存在します。

道端で「ぱっと見すっごいツヤツヤかわいいけど震えて唸っている犬、よくみると身体も緊張して目が異様にギョロギョロ動いてる…」を想像すれば、なんとか思い当たる節があるはずです。

f:id:mw-matrixa:20170421225041j:plain

この犬もかわいいけどこわい。なんかあったのかな…?と感じます

 

安全の「わかりやすさ」

上記をサポートする形で、「わかりやすさ」も要素に加えます。

f:id:mw-matrixa:20170422171721j:plain



人は「よくわからないモノ」に対して警戒心を抱きます。理由は「それが自分に害を及ぼすかどうかがわからない」ためです。

生存や健康に害を及ぼす可能性が少ないと判断できない時点で、

「避ける方向に脳が働く」
 ↓ ↓ ↓ ↓
「拒否する感情が起こる」
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
「行動に反映され、避ける」

というプロセスを歩むことになります。

もちろん好奇心が働けば「解明しよう」という方向に動くわけですが、それは不安よりメリットが大きいと無意識に判断した場合のみです。清潔感という感覚においては、わかりやすいモノのほうが有利であるということです。

この「わかりやすさ」は外見上では「シンプルであること」に置き換えられます。
服装や身に着けるものでいえば、色・形がシンプルであるほど、わかりやすく、清潔感があると判断されやすいでしょう。

手入れされている感じ

さらに「清潔感」をプラスする要素として、きちんと「手入れされている感じ」を加えておきます。

f:id:mw-matrixa:20170422171919j:plain

 

・なんかいい香りがして「手入れされているっぽい」
・身に着けているものが清潔でシワなどなく「手入れされているっぽい」
・髪がとてもツヤツヤにまとまっていて「手入れされているっぽい」

などなど…

この「手入れされていること」はなんのこと?って思うかもしれませんが、犬のワクチンの話を思い出していただければわかります。

「ある程度健康に気を使い、身体へのメンテナンスが行き届いていること」もこういった感覚情報で判断されるいうことです。
上記に示したように「こいつは絶対自分の生存・健康を脅かさない」と五感の情報で感じさせるためには、この「手入れされているっぽさ」は大事な役割を果たします。

 

f:id:mw-matrixa:20170421225815j:plain
いかにもしっかり手入れされてそうな犬。かわいい。


清潔感を構成する要素は以上になります。
いったんここでまとめておくと、清潔感とは

「生存・健康を脅かさないこと」「わかりやすく」外見から判断できること。

それは「健康的」「害意がなく」「シンプル」「手入れされているっぽい」ことから判断されます。

逆に言うと、これらの基準でグレーからと判定されてしまう場合、人から「清潔感がない」と避けられてしまうことになります。

ここまでくると、なぜ恋愛や人間関係で清潔感がこれほどまで大事にされるかわかりますね。

 

人間関係(恋愛含む)に清潔感が必要なワケ


人は「好き」「キライ」より先に「しにたくない」のです。

その危険の可能性は常に絶対即排除したいのです。
脳の本能的な機能が、それを感覚情報から意識できないほどのスピードで即断即決しているのです。清潔感がいかに大事かもうわかりますね。

そしてその清潔感が「必要」だけど「十分じゃない」こともわかりますね。「こいつは自分の生存・健康を害さない」って人間関係じゃ当たり前の前提ですから。

人と人とのコミュニケーションのスタートライン、それが清潔感のポジションです。


まとめ

・清潔感とは「自分の生存・健康を脅かさないか」の感覚情報!

・なので本能・感覚で瞬時に判断される!

・それはふつう以下の3点から判断される!
 ・病気を持ってそうかどうか
 ・害意がありそうかどうか
 ・それがわかりやすいかどうか
 ・きちんと手入れされてるかどうか

 ・清潔感は互いの健康をある程度保証し合う、人間関係のスタートライン!

・犬などの動物で例えると感覚的に理解しやすい!

 

f:id:mw-matrixa:20170422000538j:plain 

なお、この記事ではもっとも人とかかわりが深く、また境遇による差の激しい動物として犬を例としましたが、これはあくまで動物で例えると客観的に理解しやすいということです。

もしあなたが競馬好きなら「競争馬で例えたら、勝てそうな雰囲気か…?」とか、食べ物として卵が好きなら「ニワトリで例えたら、おいしい卵産みそうか…?」というように考えてみるとわかりやすいでしょう。


つまりは清潔感がそれだけ動物的・根源的な感覚ということ。

僕たちも毛並が滑らかでしなやかな肉体をもつ美しい獣のように、髪や健康を整え、すっきりとした服を着ていたいものです。

ぜひお友達やご自身のチェックの際に、この考え方を取り入れてみてくださいね。


ここまで、「『清潔感』とは、その正体」でした。



いじょー。


こんなときは↓のボタンから共有お願いします!
・おもしろかった!ためになった
・また読み返したい
・他の人にも読ませたい
・ひとこと言ってやりたい

 

 

レディースファッション誌のテイスト・傾向まるわかり一覧!

ファッション ファッション-ファッション雑誌研究

 

f:id:mw-matrixa:20170420154509j:plain

 

ファッション雑誌ってたくさんありすぎて、どれを読んだらいいのか戸惑ってしまったりしますよね。

なんとなく手に取ってみた本があまりに自分の感覚とかけ離れすぎてて「自分には無理…」って感じてしまったり…

 

このページではそんな悩める女性に向けて、各レディースファッション誌の詳細を紹介します!

自分にはコレ!というファッション誌を見つける手掛かりにしていただければ幸いです。

大変長いので、目次の気になるところからご覧ください。

 

 

 ファッション雑誌を読む前に

僕のファッション雑誌に対する考え方はこちら、

www.m-w-matrixa.com

オススメのファッション雑誌の読み方はこちら

www.m-w-matrixa.com

をご覧ください。

 

基本的にこのページはファッション誌になじみのない方のために書かれていますが、ファッション初心者がいきなりファッション誌から入るのは危険だと考えています。

 

おすすめはファッションの法則を先に理解することです。レディスファッションの法則は現在制作中ですのでお待ちいただければ幸いです。

 

 

注意事項

・このページは、本ブログ管理人である僕denが読んだファッション誌を僕の目線で分析し紹介しています。載せているすべての雑誌に目を通しており、どの雑誌にも肩入れするつもりはありませんが、何分個人の意見であるため多少の偏りがあることをご承知おきください。また、内容に不備・誤記などあればコメントや「お問い合わせ」からご指摘いただけると幸いです。またすべての記事は敬称略とさせていただきます。

 

・すべてのファッション誌は現在網羅できていない状態です。「この雑誌がない!」というご意見はコメントなどでお知らせいただければ可能な限り対応します。

 

・この記事は2017年4月時点で調査した内容をベースに構成しております。情報に一部古い部分があることをあらかじめご了承ください。情報更新は需要と希望に応じて随時行います。

 

各項目の説明

出版社 雑誌をつくっている企業
雑誌キャッチフレーズ 調査した号の表紙・背表紙に掲載されていたキャッチフレーズ
対称年齢 雑誌のメイン層。雑誌の見出し、スナップ・読者モデルの年齢から判断
何が見れる? 内容の概要。主に読むことで学べる内容について

※以下の☆評定はどこに位置しているかの目安であり、★が多いほど「良い」わけではありません。あくまでご参考程度に。
初心者 ☆☆☆☆☆ 上級者
ファッション初心者向けか上級者向けか。

コスパ ☆☆☆☆☆ 高級感
扱うアイテムの価格帯。真ん中がルミネのセレクトショップくらいのイメージ。僕には真ん中でも高いです。

カジュアル ☆☆☆☆☆ きれいめ
カジュアルかきれいめかのバランス

モテ・好感 ☆☆☆☆☆ 個性・トレンド
「人からどう思われるかを重視」と「自分の好みを重視」のバランス

属性 雑誌を表すキーワード3つ

雑感 denの読んだ感想と意見です。

denの一言コメント denが読んで思ったことをそのまま。

 

各ファッション誌紹介

ざっくり年齢順となっています。年齢不詳なモード系は後半に固めてあります。

 

non-no(ノンノ)

出版社
集英社

雑誌キャッチフレーズ
浮かないのに盛れてる! 好感力で決める春デビュー!」

年齢 
around20、大学生くらい

何が見れる? 
一番ファッションの大転換を迎えうるタイミングの女子の一番無難に可愛いファッション。ハイセンスな雰囲気はほとんどないが、とりあえずオシャレレベル高すぎ女子以外からのウケはいいはず。

初心者向け ★★☆☆☆ 上級者向け
初心者ご用達。逆に上級者には物足りないぞ

コスパ重視 ★★☆☆ 高級感重視
ファストファッション~セレクトショップあたりの紹介がほとんど

カジュアル ☆★★★☆  きれいめ 
普通めを中心にいろいろで偏りがないぞ

モテ・好感度重視 ★★☆☆☆ 個性・センス重視
完全人ウケ重視、トレンドをそこまで意識しないぞ

属性
女子大生、初心者、「ふつうにかわいい」

雑感
高校生まで制服だったのに大学から私服になったどーしよ、という女子を拾い上げる役割を担う初心者向け雑誌。特集も明らかに大学生活を念頭においたもので構成されている。ファッションは「フツーにカワイイ」感じを大事にしているようで、ふわふわ・女子女子している。辛口なテイストが好きな人には胸やけがするだろう。
新生活をサポートする号だったためか、SNSやバイト特集もあった。insta特集ほんと考になる。
本田翼や馬場ふみかなど、non-noモデルはほんとわかりやすくかわいい。ファッションとかどうでもいい男が見てもけっこう楽しいんじゃないかな。

denの一言コメント
かわいい!あざとい!ほんとすき!

 

ar(アール)

出版社
主婦の生活社

雑誌キャッチフレーズ 
「可愛くなるチャンスは今!Beauty Addict」

年齢 
around20

何が見れる?
肌見せ前提、の「セクシー」で「フレッシュ」で「ちょいエロ」なガールファッション。いや、「ちょい」じゃないかもしれない。

初心者向け ☆☆☆★☆ 上級者向け
着こなしが難しいというより年齢とスタイル上で人を選ぶ。自信のある方向け。

コスパ重視 ☆★★☆☆ 高級感重視
結構安めのアイテムも扱っている。ルミネの若い女子向け階

カジュアル ★★☆☆☆  きれいめ
露出が多く刺激的である分カジュアル。TPOをわきまえる必要はもちろんある。

モテ・好感度重視 ★★★☆☆ 個性・センス重視
男は喜ぶのか、逆に委縮するかもしれない。実際はむしろ個性を強く感じるだろう。

属性
甘ふわセクシー、肌見せ、around20

雑感
僕が読んだすべてのファッション雑誌の中で最も笑えるキャッチーな見出しが多いのがこのarだった。なんというか開き直っていて、そこにはスガスガしささえ感じる。
「ハート♡」「PINK! PINK!」「色っぽ」「ふわ甘」「おナチュ」と、なんかもうめまいがする。読んでて楽しい。
若さによる肌見せオーバードライブで「地味」とは無縁、とりあえずあか抜けて見えることは間違いない。でもどうせ血色いいんだからチークはもう少し控えてもいいとおもう。眺めているとやっぱ若いカワイイ女の子って敵なしなんだなぁって、ちょっとうらやましくなる。こういうの、ほんと若いうちだけらしいからね。

denの一言コメント  
この雑誌作ってる人ってオッサンばっかだろうな……(編集人)女性じゃねーか。

 

25ans (ヴァンサンカン)

出版社
ハースト婦人画報社

雑誌キャッチフレーズ
「はじめまして!の"美人服"」
年齢
around25

何が見れる?
高級感アリアリでかつ人ウケを意識したファッション

初心者向け ☆☆☆★☆ 上級者向け
高級店特有の変わったデザイン多数だぞ

コスパ重視 ☆☆☆★★ 高級感重視
財力がものを言うぞ

カジュアル ☆★★★☆  きれいめ
この指標はバラついているぞ

モテ重視 ☆★★★☆ 個性・センス重視
お金があれば全方向敵なしだね(ひがみ) 

属性 
高級感、銀座、ハイブランド

雑感 
想像以上に高級感が強い雑誌。ただし、高級感=モードではなく、奇抜なファッションが多いわけではない。芸術性は求めてないけど高級な服が好き、という人がターゲットなんだろう。
高級ショップでしか見れない感じの凝ったデザイン・上質な素材感、そういうのを当たり前に着る人のための雑誌なんだろうな。縁がなさそう過ぎてどうにも他人事に映ってしまう。
ところで載ってるモデルさんが特別キレイな人ばっかりに感じた。いや、どの雑誌もそうなんだけどさ…気のせい?それともやっぱ財力によるもの?(ひがみ)

denの一言コメント
こんだけ経済的に余裕あったらなんでも楽しそうね^^(ひがみ)

  

SPRiNG(スプリング)

出版社 
宝島社

雑誌キャッチフレーズ
シンプルおしゃれが好き!

年齢
around25くらい?

何が見れる?
リラックス感つよめのカジュアル服と旬アイテム

初心者向け ★★☆☆☆ 上級者向け
意外と着方に詳しい

コスパ重視 ★★☆☆☆ 高級感重視
コスパの文字がよく飛びかう

カジュアル ★★☆☆☆  きれいめ
というかフェミ感が薄くリラックス重視

モテ重視 ☆☆★★☆ センス感重視
人にどうこう思われるよりリラックスしたい気持ちを感じた

属性
ゆるめ、個性派、女性

雑感
「モテ」というワードが一切出てこなかった。そういう浮ついたのがイヤで、でもオシャレはしたくて、別に高級な服が着たいわけでもなく、ちょっと個性的でいたい。そんな意図を強く感じるのがSPRiNG。夏も冬もSPRiNG。

denの一言コメント
数年前と雰囲気違いすぎない?(前はMORE・with系だった)

 

MORE

出版社 
集英社

雑誌キャッチフレーズ 
「"自由なシャツ”に着がえよう!」

年齢
around27

何が見れる?
社会人3年目を過ぎたnon-noちゃんが着る、甘さを控えめの大人カワイイファッション。オフィスとプライベートのどちらにも対応している。

初心者向け ★★☆☆☆ 上級者向け
年相応でかつ奇抜さを感じるところはない

コスパ重視 ★★★☆☆ 高級感重視
ルミネのコスパショップからセレクトまで

カジュアル ☆★★☆☆ きれいめ
ややゆるめ、リラックス感がある。

モテ・好感度重視 ☆★★★☆ 個性・センス重視
トレンド感押さえてある感じ。「モテ」のワードはない。

属性
around27、ちゃんとした感じ、初心者

雑感
withとほぼ同じ雑誌と思っていたが結構違った。具体的には対象年齢が2、3年ほどずれており、テイストはリラックス感が強くなって甘さは控えめになっている。男の話題はホント少なく、嵐の相葉ちゃんとニノくらいだった。

服の着方の説明は結構丁寧。体型カバーおの特集も多いイメージなので、初心者向けな雑誌といえるでしょう。これくらい気抜けた(風!)のファッションが個人的に良く感じます。

denの一言コメント
withと出版社違った。たまげたなぁ。

 

JJ(ジェイジェイ)

出版社
光文社 

雑誌キャッチフレーズ 
カジュアル育ち的 4月の「好印象ネイビー」
(全体では「『ガール』から『レディ』へ」)

年齢
20代後半メインのaround30

何が見れる?
年相応、偏重なし、いい意味で普通の女性ファッション

初心者向け ☆★★☆☆ 上級者向け
初心者がぎょっとするコーディネイトはほとんどないぞ
コスパ重視 ☆★★☆☆ 高級感重視
手の出しやすい価格のアイテムも載ってるぞ 

カジュアル ☆☆★★☆  きれいめ
ふつう・中庸、ほんとマジで。

モテ重視 ☆☆★☆☆ 個性・センス重視 
「モテ」というワードがなくて意外。でもいい意味で普通なので男性ウケは悪くないだろう。
属性
ふつう、独身、アラサー、

雑感
もうちょいCanCam寄りの雑誌だと思っていたが、案外おとなしい印象だった。「どうしてそれを選ぶの?」という説明はかなりあいまいだが、載っているアイテムやコーデはトレンドをとらえつつ冒険しすぎていないので、比較的初心者にやさしいほうだと思われる。JJって「女性自身」からきてるらしいね

denの一言コメント
「ふつう」連呼してすいません。男は普通がすきなんです。

 

Oggi(オッジ)

出版社
小学館 

雑誌キャッチフレーズ
今知りたい、「配色」のこと全部教えます!

年齢
around30

何が見れる?
甘さを抑えつつ程よく色気出すイイ女感ありありのコーディネート

初心者向け ☆☆★☆☆ 上級者向け
特別不親切ではないがフィーリング重視の説明だぞ

コスパ重視 ☆☆★☆☆ 高級感重視
とくにコスパとか言わないけど高級すぎるというわけでもないぞ 

カジュアル ☆☆★★☆  きれいめ
シャキっとしたいい女感を重視しているぞ

モテ重視 ☆☆★☆☆ 個性・センス重視
そんなことよりいい女感出すぞ 

属性
いい女感、アラサー、シャキっと

雑感
重視しているのは"カッコイイ感じのいい女感"だと伝わってくる。とくに恋愛・結婚・育児といった話題には全然触れない。そういう読者の絞り方をしていないんだろう。その意味ではファッションに硬派だが、載ってるファッションには大きな冒険はあまりない。とにかく「いい女」になるために特化した雑誌作りなんだと思う。
そのスタンスには共感するが、服の着方はよくわからん、完全提案型であり説明型ではない。特集の「今知りたい配色のこと」は僕にはあまりよくわかりませんでした。(助かる)関係ないけど表紙の矢野未希子さんキレイすぎない?

denの一言コメント 
そんなにイイオンナ目指してどーすんの?

 

 

BAILA(バイラ)

出版社 
集英社

雑誌キャッチフレーズ 
「欲しいのは回るクロゼット」

年齢 
30代前半あたり

何が見れる?
普通の、ちゃんとした、女性ファッション。びっくりするほど特筆することが見当たらなかった。the普通。

初心者向け ☆☆★☆☆ 上級者向け 
普通。
コスパ重視 ☆☆★☆☆ 高級感重視
セレクトショップメイン。

カジュアル ☆★★★☆ きれいめ
ふつうなあたりをまんべんなく。

モテ・好感度重視 ☆★★☆☆ 個性・センス重視
尖ってる印象はほとんどない。トレンドを気にしつつ普通から逸脱しない。

属性
30代前半、コンサバ、普通

雑感
びっくりするほど特筆すべき特徴が見当たらなかった。そのままの意味で、普通のファッションが多い。悪い意味ではなく、誰からの好感度も高いコーディネイトだと思う。ただ、雑誌としての特徴を探そうとすると難しかったという話で、やっぱり付録のトートバッグがウリなのかな?かわいいもんねこれ。

denの一言コメント (やばい…全然コメント思い浮かばない…)BAILAってどういう意味??

 

INRED(インレッド)

出版社
宝島社 

雑誌キャッチフレーズ 
「華奢見せ 30代の法則」

年齢
30代

何が見れる?
30代が特に気になる?華奢見せの法則とファッションアイテム

初心者向け ★★☆☆☆ 上級者向け 
なぜこう見えるかの説明があるぞ

コスパ重視 ☆★★☆☆ 高級感重視
手の出しやすい価格のアイテムも載ってるぞ 

カジュアル ☆★★★☆  きれいめ
ふつう・中庸

モテ重視 ☆★★☆☆ 個性・センス重視 
各方面のウケよさそう。飛び交うフレーズはあくまで「良いママ」

属性 
ママ、実用性、女らしさ

雑感 
今号の「華奢見せ特集」的なのは僕がやろうと思っていることで、ファッション雑誌に本気出されると適わないからやめてください。読む価値あり。
価格はもちろん高いアイテムが多いけど、手の出せるアイテムも混ぜ込んでくるあたり、読者への寄り添いを意識している雑誌なんだろうな。(wakami、無印、FOSSILあたりでそうおもった)
ファッションのそのものの特徴の抽出は難しい、年相応のきわめて普通のオシャレである。どうでもいいけど上戸彩可愛すぎ。

denの一言コメント  
「どうすればこう見えるか」的な特集ほんとやめて(懇願) 

 

Domani(ドマーニ)

出版社 
小学館

雑誌キャッチフレーズ  
「大人の通勤は2パターンでいい!」
(雑誌全体は「働く女性をラクにする!35歳からのワーキングマガジン」)

年齢
around35

何が見れる?
仕事である程度のパリッと感が求められる女性に最適の通勤服。子どもの話題は特にないがターゲットを絞っておらず、とにかく働く女性がターゲット。

初心者向け ☆★★☆☆ 上級者向け
職場で使える服名だけあって奇抜ではない。しいて言うとキャラやスタイルを選ぶか。

コスパ重視 ☆★★☆☆ 高級感重視
基本はルミネ系だがファストファッション(GUなど)も紹介している。

カジュアル ☆☆☆★★  きれいめ
オフィス対応がメインなため、かなりきれいめのファッションが多い。

モテ・好感度重視 ★★★☆☆ 個性・センス重視
仕事で頼れる先輩感が出るファッションである。モテもするんじゃないか。

属性
通勤服、パリっと、around35

雑感
完全にターゲットを「働く30代の女性」に絞っている。甘いディティールなどはかなり控えめで、その分着こなしや色柄で脱地味こなれ感を出している。
全体として、「仕事」「職場」「通勤」「大人」といった単語がちりばめられており、「働く女性をラクにする(中略)ワーキングマガジン」を名乗るのも納得である。
基本的には一般的なファッション雑誌と同様ちょっとお高いセレクトショップのアイテムなどでコーディネートされているが、価格を抑えたアイテムもあり死角を感じさせない。まあしいていうならなんか全体的に身長高そうなコーデだな、というところと、育児に便利なアイテムを探すならやはりVERYに分があるといったところか。
それにしても、甘さや露出を抑えながら地味にならないように着こなしと色柄でこなれ感を出し、それでいて職場で浮かないようにパリッとを維持する…いやこれ相当大変だよね。ぜひ働く女性をラクにしてってください。

denの一言コメント なんかドラマに出てくる「先輩」って感じっすね。(凡コメント)

  

VERY(ヴェリィ)

出版社 
光文社

雑誌キャッチフレーズ 
「綿達ママ VS. 化繊妻 春のオシャレバトル」
(雑誌全体では「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」)

年齢 
around35

何が見れる?
保育園ママあたりにとくに実用的なオシャレファッション

初心者向け ☆★★☆☆ 上級者向け
ちゃんと機能的・実用的な服が多いぞ

コスパ重視 ☆☆★★☆ 高級感重視
今のお母さんはお金あるんだなぁ(雑) 

カジュアル ☆★★★☆  きれいめ
というか「いいママ」目指してる感すごい 

モテ・好感度重視 ☆★★☆☆ 個性・センス重視
というかモテそう。飛び交う触れずはあくまで「良いママ」

属性
ママ、実用性、女らしさ

雑感
たしか今一番売れてる女性雑誌。ターゲットは乳幼児ママあたりに絞られていて、子供を抱えた写真も目立つ。なるほどファッション雑誌を読むユーザーがそういうところ、つまり「insta偏重のデジタル世代でなく」「経済的余裕あるが」「子育て大変」というママに読まれるVERYなんだろうな。でも育児しながらここまでのいい女感を保つのはプレッシャーきつくないのかしら。もちろん好きでやってるならいいのだけど。

denの一言コメント こんなママを基準に育つ息子さんは将来女性へのハードル高そう^^

 

CLASSY

出版社
光文社

雑誌キャッチフレーズ
「この春も気分は『パリっぽい』!」

年齢 
30代、とくにaround35

何が見れる?
いろいろこれからなキレイ系女性のファッションを圧倒的情報量でお届け。ていうか分厚い。

初心者向け ☆★★☆☆ 上級者向け
ハテすぎることはなく、わりとマネしやすいそう。説明は少ない。

コスパ重視 ☆★★☆☆ 高級感重視
特にコストは気にしていない。ルミネ周辺。

カジュアル ☆★★★☆ きれいめ
わりとパリっとして年相応。

モテ・好感度重視 ★★★☆☆ 個性・センス重視
そこまで大々敵ではないが婚活シーンが視野に入っている。ウケもいいだろう。

属性
3
0代、キレイ系、婚活

雑感
まず特徴的なのが、とにかく分厚い。武器にすれば人を〇せそうなほどの重みを感じる。その内容はブランド・ショップごとの特集が多く、つまりそういうことだ。
ファッション自体はキレイ系でカッコよく、甘ったるくてイタイということにはならないだろう。
でもこれだけの情報量を読み取るのは大変だろうし、初心者だったらかえって混乱しそうだな。女性はフィーリングで選べてそうでもないのかな…。

denの一言コメント 目次が3ページにわたった雑誌は初めてです。

 

GLOW(グロー)

出版社
宝島社
雑誌キャッチフレーズ 
「40代の服は、きれいめファースト!」
年齢
40代
何が見れる?
40代という「肌見せ」という方法を使いづらくなってきた年齢で、
いかに女らしくで垢ぬけて見せるか、そのアイテムが見れる。
40代向け雑誌の中では地味ではない程度に攻めてる印象だが、肩だしなども載ってるので人によってはちょっぴり派手に映るかもしれない。ちなみに結婚・子どもの話題は全然ない。

初心者向け ☆★★☆☆ 上級者向け
決して奇抜ではない。というかこの年齢は周りの環境で雰囲気全然違うから難しい。

コスパ重視 ☆☆★★☆ 高級感重視
コスパという文字はない。いいとこ感ある。

カジュアル ☆★★★☆ きれいめ
まんべんない。

モテ・好感度重視 ☆★★☆☆ 個性・センス重視
個性的という印象は強くなく、ちゃんとしている感じである。

属性 40代、こなれ、脱地味

雑感 「肌を見せる」というのは抵抗ある人もいるだろうが手っ取り早くオシャレに見せる一番簡単な方法の一つだ。そして女性は特にそうなのだろうが、年齢を重ねるにつれてそれができなくなる。そのために別の部分で華やかさを補う必要があり、GLOWはつまるところその手法とアイテムを紹介している印象である。
服の柄、素材感、結び目などのディティール感や、帽子・アクセなどの小物で、とにかく「シンプルすぎて地味」にならない方法が多く載っている印象だ。全体としてバランスはよく、職場などのコミュニティでOKであればかなりこなれて見えるファッションだろう。
もっとも、服だけをマネしても難しい、ヘアメイクやコスメなど全体の頑張りを要求されがちなこの年代、僕には想像できない大変さがあるだろうな。もっと気抜いてもオシャレになれますよ、という気持ちにもちょっとなる。

denの一言コメント いまの40代ってバケモノね…(いい意味で)

 

STORY

出版社
光文社

雑誌キャッチフレーズ 

「いい女の新基準『その服で、元カレと会える?』」
(雑誌全体では「40代はもっともっと、BIG SMILE, BIG CHALLENGE」)

年齢
40代?

何が見れる?
VERYから時間を経て、自由な時間の自由を楽しむようになったキレイな女性のファッションという感じ。お子さんがいたらだんだん手がかからなくなってきたころを想定している様子。VERYよりむしろヤンチャしたい雰囲気を誌面からちょっぴり感じさせる。

初心者向け ☆★★☆☆ 上級者向け
実はそこまで若作り無理しないファッションも多く載っているぞ

コスパ重視 ☆★★☆☆ 高級感重視
コスパ良ショップ~セレクトショップあたりの紹介が多め

カジュアル ☆★★★☆ きれいめ
普通めを中心にいろいろで偏りがないぞ

モテ・好感度重視 ★★★☆☆ 個性・センス重視
VERYよりむしろ自由そうだぞ(意味深)。
属性
40代、こなれ、エネルギー
雑感
見た号の特集の見出しでちょっと引いてしまった笑 自分のお母さんや奥さんがこういうの読んでたらちょっとこわい笑
服は意外といい意味で普通にオシャレ。年齢を気にしすぎて地味になりすぎる傾向があるのか、華やかさをプラスする提案があって理にかなっているとおもう。価格高すぎるということもとりあえずない。いや僕からしたら高いけどね、僕ユニクロ族だからね。

denの一言コメント
女性ってそこまで元カレのこと思い出さないイメージだわぁ

 

LEE

出版社
集英社

雑誌キャッチフレーズ
「実感!着やせボトムなら、即、好印象!」

年齢
around40

何が見れる?
小さいお子さんがいるお母さんが実践しやすい、派手すぎないオシャレなファッション。やや色味も落ち着いている。

初心者向け ★★☆☆☆ 上級者向け
派手な印象もあまりなく、着方もわかりやすいほう。

コスパ重視 ☆★★☆☆ 高級感重視
安くもなく高くもないくらい?僕には高い。

カジュアル ☆★★★☆ きれいめ 
主婦感があるせいか、なんとなくしっかりして見える。

モテ・好感度重視 ★★★☆☆ 個性・センス重視 
男の話はゼロ。人ウケはいいだろう。トレンドは押さえておく、くらい。

属性 around40代、お母さん、体型別

雑感 アラフォー、浮ついた感じのしないしっかりした感じのお母さん、という印象。色数を少なくして甘めのディティールも控えてある。露出しすぎるのはみっともないのでさりげなく色気を出すことを念頭に置いている感じ。
服の感じにハデさはなく、特別なオシャレ感は出づらいかもしれないが、そのかわりフツーの人でも参考にしやすいコーデが多そう。「こどもと」「家族で」といったシーンに注力した構成も見受けられる。

denの一言コメント カレー食べたい 。

 

Precious(プレシャス)

出版社
小学館 
雑誌キャッチフレーズ
「春の『美人トップス』正解例 『老け目元』の若返り大作戦」
(雑誌全体では「美しいものこそ贅沢!新しい時代のラグジューアリー・ファッション誌」)

年齢
40代

何が見れる?
上品で上質なラグジュアリーファッションとカルチャーとコスメアイテム。金に糸目はつけない。

初心者向け ☆★★☆☆ 上級者向け
服の着方の説明は丁寧だしコーディネートに奇抜さはない

コスパ重視 ☆☆☆★★ 高級感重視
ラグジュアリーでハイブランド。正直他人事感しかない。

カジュアル ☆☆☆★★  きれいめ
エレガントさが命だぞ。

モテ重視 ☆☆★★☆ 個性・センス重視
モテとか浮ついたこと言わないぞ。シーズンにはパリコレの特集があるぞ。

属性
40代、ラグジュリー、エレガンス

雑感
たっけえ。価格が。たっけえの。イセタンの婦人服コーナーに行くようなご婦人たちがこういう雑誌読んでるのかしら。あまりにも縁がなさすぎて目が滑った。でも雑誌のデザインは読みやすいし、アートやカルチャーのページの上質な感じはとても読みやすいと思いました。服の着方の説明はわりと詳しいので、経済力があってエレガントさを重視するならフィットする雑誌ですね。

denの一言コメント
庶民て言葉ごぞんじ?

 

ナチュリラ

出版社
主婦と生活社

雑誌キャッチフレーズ 
「春、トップス変えておしゃれをしよう」

年齢
40代以降

何が見れる?
派手さゼロの、素朴な大人の女性の普段着が見れる。素朴なモノの良さ、無理をしない自分らしい服。あっ価格帯はべつに安くないです

初心者向け ★★☆☆☆ 上級者向け 
服の着方の説明はかなり丁寧。ただし油断すると地味に見えやすい

コスパ重視 ☆☆☆★☆ 高級感重視 
見た目の素朴さとは裏腹に結構高い。いいものお持ちで…

カジュアル ☆☆★☆☆ きれいめ
なんというか、素朴。ナチュラル。

モテ・好感度重視 ☆★★☆☆ 個性・センス重視 
人ウケはいいだろう。雑貨屋や公園にいそう。

属性 
素朴、40代、ナチュラル

雑感
まず驚いたのが、最初のほうのページに、アイテムの価格が書いてなかったこと。それどころかアイテムによってはブランドさえ見当たらない。こうなると逆に気になってくるのが面白いところだ。
その理由は雑誌の続きでわかった。この雑誌は素朴な雰囲気に対して扱ってるアイテムの価格が高めだ。ほかの雑誌よりやけに高級ということはないのかもしれんが、…いややはりお高いブランドが多い。
あくまで素朴で「いいモノ」を扱っている雑誌がナチュリラで、それを微妙に見せまいとする雰囲気に対して個人的になんとなく断絶を感じた。
でも服の着方の説明はかなり丁寧なほう。着丈の[cm]まで話が及んだ雑誌は他に見当たらなかった。全体の印象は人によっては地味にも映るだろう。それでいい、むしろ目立たず無理しない、ナチュラルな生活をしたい方には、オススメできる雑誌だろう。

denの一言コメント
価格が俺のナチュラルじゃねえ

  

終わりに

レディースファッションは店も多ければ雑誌も多くて、メンズの比ではないです。ここから自分にぴったりな雑誌を探すのってすごい大変なのでは…?僕が女だったら永遠に雑誌を海を漂うことになるのでは…?と思い今回の調査に踏み切りました。

 

最近のファッションの先導はもっぱらInstagramらしくファッション誌のポジションはどんどん追いやられているようです。でもこうして雑誌ごとの特徴を並べて比べてみると、それぞれ本当にちょっとしたところ、想定読者の雰囲気やライフスタイル、読みたい特集のニーズなどで差別化をはかっておりその内容も充実しています。食わず嫌いには惜しい情報量と感じました。
もちろん広告色強すぎて、誰のための特集なんだかわかんねぇ…てのも多々ありますけどね笑

 

僕自身この調査で学ぶところもたくさんありましたが今はエネルギーと金使いまくりでもうやりたくない気持ちでいっぱいです笑

でも、もしこのページを読んで、どれか自分にしっくりきそうな雑誌を見つけていただけたらこの上なく幸いです。もしこの雑誌についても知りたい!などあったら遠慮なくコメントなどからお知らせくださいね。

 

 

以上、「レディースファッション誌のテイスト・傾向まるわかり一覧!」でした。

 

こんなとき ↓ は下のボタンから共有お願いします!
・おもしろかった!ためになった
・また読み返したい
・他の人にも読ませたい
・ひとこと言ってやりたい

 

 

 

「服なんて自分が好きなの選んだらいいんだよ」というアドバイスって

ファッション ファッション-理論・理屈

 

本当にただの気休め。

 

それ以上の何もない。

 

本当に服で悩んでいる人にとってはね。

 

 

「好きなの選べばいい」のは強者の理論

そういうことが言えるのは、たいがい

「好きな服選んだらなんかそのままオシャレになるセンス強者」

「別に客観的にオシャレじゃなくても気にならないハート強者」

なんだよね。 

ようするにもとからセンスか自信があるってこと。うらやましい。

 

 

f:id:mw-matrixa:20170418000229j:plain

こんな感じ。

でも僕がしたいのは左下の気持ちの話。

 

センス弱者の理論

服って何着たらいいんだろう…って悩んでる人は

今のままだとなんかまずい、ダサいんじゃないかという危機感と不安がある。

だって好きな服を選ぶと大概いつもと同じ感じの、普段から「何も変えられないアイテム」を選んでしまうから。

 

そこに危機感があるから悩んでいるのに、「好きな服を選べばそれが正解」って…

なにも解決してないじゃないか。

 

言い切れる気持ちの大きさはうらやましいし、誰もがそう考えてやっていけたらどんなに楽かって思うよ。

でもなにも解決できないじゃないか!!!

 

「そっか、好きな服を選べばいいんだ^^」なんて勇気づけられた思いは、寝て覚めたあとの鏡の前ではもう跡形もないんだよ。

 

悩める人の「今の自分の好きな服」の正体

結局さんざん悩んだ挙句、クセで選んでしまうのはいつもの服。

「なんとなく安心感ある」とか「目につく」とか手癖とかね。

それはたとえばもっとオシャレに見えたいとか、スタイルよく見せたいという願望をかなえてくれるわけではない。

 

もちろんちゃんと自分の感性で選んでいるんだろう。

でもその感性が客観的オシャレに最適化されていないなら、自分らしいけど自信が持てない服ってことで…

果たしてそれが理想の状態なのかな、と思わずにいられない。

 

じゃあどうしたいいのか?というと…

 

センス無い人が服に自信を持つには

ファッションでどうなりたい?

ファッションでどうなりたいかの目的を自分で決めよう。

・ちゃんと見えたい!

・褒められたい!

・オラつきたい

・今の自分のままでいたい

選ぶのはどれでもよくて、肝心なのは、「これからはどんどんその方向に向かっていく」ということ。その自分の理想を行く先を決めておこう。

 

そしたら次は

理論を理解しよう

たとえば

・どうすればちゃんと年相応に見えるのか?

 それはなぜか。

・どんな服が自分の好きな人に好かれやすい服なのか?

 それはなぜか。

 

こういうアプローチってセンスがある人にとってはすごい遠回りに感じるらしい。

でもそんなこと知ったこっちゃないんだよ。

 

「今の自分のセンスという武器」に、「自分の理想をかなえる力」がないなら理論でサポートしてあげたらいいじゃんってだけ。

自分の好みやセンスを反映させるのはそのあとからでも遅くない。

まずは自分の方向を見定めて、それがきっちり実現できる理論の土台を手に入れよう。

 

僕の話

夏服が好きで、だいたい毎年コレってアイテム買っちゃうんだよね。

これはアローズで3年前くらいに買ったやつかな?もうボロボロだけど、

f:id:mw-matrixa:20170417233231j:plain

ネイビーの無地のポロシャツ。

 

これは一昨年のユニクロルメールで買ったやつだな。

f:id:mw-matrixa:20170417233245j:plain

ネイビーの無地のポロシャツ。

 

あっこれはBEAMSで奮発したかなりいいやつなんだよー!

f:id:mw-matrixa:20170417233305j:plain

 

ネイビーの無地のポロシャツ。

 

…どれも気に入ってるけどね。

今だったらもうちょっと別のアイテムを買うかな。

 

当時は自分が何を着てもいいかわからなくて、、何を着たら許されるか不安だったから、つい癖で同じのを選んでしまった。

それ自体悪いことじゃないけど、ファッションの理論がわかった今はもうちょっとファッションが自由で楽しいよ。その自由な感じが多くの人に伝わったらいいなって思ってる。

 

 

まとめ

・自分の好きな服選んで自信が持てたら苦労しねえ

・自分のセンスに自信がないならまずは理論を身に着けよう

 

 

 

以上、「服なんて自分が好きなの選んだらいいんだよ^^」というアドバイスに対する切実な声、でした!!

 

もしよかったら、あなたの「ファッションでどうなりたいか」を聞かせてくださいね。

きっと力になれるので^^

 

もし面白かったら読者登録お願いします!

 

 

【20代・テイスト別】オススメのメンズファッション誌はコレ!【随時更新】

ファッション ファッション-ファッション雑誌研究

f:id:mw-matrixa:20170414231738j:plain

 

ファッション雑誌ってたくさんありすぎて、どれを選んだらいいのか戸惑ってしまったりしますよね。

なんとなく手に取ってみた本があまりに自分の感覚とかけ離れすぎてて「自分には無理…」って感じてしまったり…

 

というわけでこのページではそんな方に向けて、20代男性向けメンズファッション誌をテイスト別で紹介します!

コレ!というファッション誌を見つける手掛かりにしていただければ幸いです。

長いので、目次の気になるところからご覧ください!

 

 

 

ファッション雑誌を読む前に

僕のファッション雑誌に対する考え方はこちらと

www.m-w-matrixa.com

こちら

www.m-w-matrixa.com

をご覧ください。

 

基本的にこのページはファッション初心者のために書かれていますが、ファッション初心者がいきなりファッション雑誌から入るのは危険だと考えています。

 

おすすめはファッションの法則を先に理解することです。もしよかったら雑誌を探す前にこちらをご一読ください。(他の方の他サイトです。)

www.neqwsnet-japan.info

 

注意事項

・このページは、本ブログ管理人である僕denが読んだファッション誌を僕の目線で分析し紹介しています。載せているすべての雑誌に目を通しており、どの雑誌にも肩入れするつもりはありませんが、何分個人の意見であるため多少の偏りがあることをご承知おきください。また、内容に不備・誤記などあればコメントや「お問い合わせ」からご指摘いただけると幸いです。

 

・すべてのメンズファッション誌は現在網羅できていない状態です。「この雑誌がない!」というご意見はコメントなどでお知らせいただければ可能な限り対応します。

 

・この記事は2017年4月時点で調査した内容をベースに構成しております。一部情報に古い部分があることをあらかじめご了承ください。情報更新は需要と希望に応じて随時行います。

 

各項目の説明

出版社
雑誌をつくっている企業
雑誌キャッチフレーズ
調査した号の表紙・背表紙に掲載されていたキャッチフレーズ
対称年齢
雑誌のメイン層。雑誌の見出し、スナップ・読者モデルの年齢から判断
何が見れる?
内容の概要。主に読むことで学べる内容について
 
※以下の☆評定はどこに位置しているかの目安であり、★が多いほど「良い」わけではありません。あくまでご参考程度に。
初心者 ☆☆☆☆☆ 上級者
ファッション初心者向けか上級者向けか。

コスパ ☆☆☆☆☆ 高級感
扱うアイテムの価格帯。真ん中がセレクトショップくらいのイメージ。僕には真ん中でも高いです。

カジュアル ☆☆☆☆☆ きれいめ
カジュアルかきれいめかのバランス

モテ・好感 ☆☆☆☆☆ 個性・トレンド
「人からどう思われるかを重視」と「自分の好みを重視」のバランス

属性
雑誌を表すキーワード3つ

雑感
denの感想と意見です。

denの一言コメント
denが読んで思ったことをそのまま。

 

秒速!フローチャート

Q1. ファッション初心者である

 はい いいえ

 

Q2. なんとなく好きな雰囲気は…

リア充感が出る感じ  落ち着いている感じ 

 

Q3. 好きなテイストは?

キレイめトレンド最前 男らしい

 

 

各雑誌の紹介

FINEBOYS

出版社
日之出出版

雑誌キャッチフレーズ
「オシャレだね!」って思われる人の共通項

年齢
20代前半まで

何が見れる?
オシャレファッションのルール、ややヤンチャなアイテムと着こなし

初心者 ★★☆☆☆ 上級者
オシャレのルールを紹介しているのは貴重。ただ実践するにはバランス感覚が必要

コスパ ★★☆☆☆ 高級感
わりとコスパ重視のアイテムを紹介しているほう

カジュアル ☆★★☆☆  きれい
キレイめってよく紹介されてるけどストリート色強いと感じる

モテ・好感 ★★☆☆☆ 個性・トレンド 
明らかに好感度を意識している。キャラがマッチすればある程度ウケはいいかもしれない。

属性
男子大生、ストリート、ビギナー

雑感
ファッション誌の中ではかなり珍しく、「オシャレとはどういうこと?」を説明している。オシャレし始めの大学生あたりをターゲットにしている初心者向け雑誌
ただ、オシャレのルール自体にある程度納得感があるものの、テクニックをそのまま鵜呑みにしていいかどうかは雰囲気・キャラクターによると思う。僕は高校当時痛い目を見た。

denの一言コメント
ガチの初心者にはこれでもハードルクソ高い(経験談) 

 

MEN'S NON-NO

出版社
集英社 

雑誌キャッチフレーズ
おしゃれは、つくれる!!「好印象」のトリセツ。

年齢
around20~25くらいまで

何が見れる?
トレンド感アリアリの飽きを感じさせないファッション。あと坂口健太郎をはじめとする話題のイケメンモデル
初心者 ☆☆☆★★ 上級者
売れてるから初心者向けとは限らない。初心者は後ろ向いて目つぶって、そのまままっすぐ走って逃げろ。

コスパ ☆☆★★☆ 高級感
「なんか好きな服がたまたま高かっただけ」みたいな感じ。

カジュアル ☆★★☆☆ きれいめ
トレンド次第だが退屈なのはナシ

モテ・好感 ☆☆★★ 個性・トレンド
モテってワードが飛び交う割にnon-noに載ってる男性タレントの服と全然違う。トレンド色強し

属性
トレンド、モード、男子大生

雑感
20代向けメンズファッション誌で最大の発行数を誇る。初心者向けではなく、トレンドやモード、その他目の肥えた層を飽きさせない提案をガンガンかましてくる。こういうファッション嫌いじゃないけど顔とスタイルが前提よね…というのが正直な印象。「オシャレを知ってる男性」にオススメ。それにしてもイケメンは見ているだけで楽しいね。

denの一言コメント
初心者はほんと気をつけて。


※前に書いた記事はこちら 

www.m-w-matrixa.com

 

men's FUDGE

出版社
三栄書房 

雑誌キャッチフレーズ
憧れのパリジャンになる。

年齢
20代

何が見れる?
フレンチルックのキレイ目さわやかファッション。

初心者 ☆★★☆☆ 上級者
キレイめ清潔感アリアリで抵抗感の少ないファッション

コスパ ☆☆★★☆ 高級感
コスパ意識はない。「オシャレでいいモノを。」みたいな感じ。

カジュアル ☆☆☆★★  きれいめ
ストレート全盛でもキレイ目、フレンチルック

モテ・好感 ☆★★☆☆ 個性・トレンド
「モテ」というワードこそないけど、女性ウケはいいでしょう

属性
フレンチ、ヨーロピアン、きれいめ

雑感
フランス・イタリアあたりの欧州っぽいファッションを徹底して紹介している。フレンチルックがとてもシンプルでキレイ目のファッションであるため、結果的にどんな人にも抵抗の少ないテイストと思われる。派手さはいらん、きちんとしたファッションをスタイルよく着こなしたい人に。ただモデルのスタイルがよすぎるため、同じ服を着れる気がしないのが難点。

denの一言コメント
僕はパリジャンになるつもりないんヌ


※前に書いた記事はこちら 

www.m-w-matrixa.com

 

Men's JOKER

出版社
KKベストセラーズ

雑誌キャッチフレーズ
1, 2, 3だけ!攻めのシンプル

年齢
~30歳

何が見れる?
シンプルでそこそこに男らしいファッション

初心者 ★★☆☆☆ 上級者
全メンズファッション誌の中で一番「ふつう」。個人的に初心者に一番オススメ

コスパ ☆★★☆☆ 高級感
ルミネ・セレクトショップ周辺

カジュアル ☆☆★★☆  きれいめ
キレイというかシンプル。無茶をしないファッションが多い印象

モテ・好感 ★★☆☆☆ 個性・トレンド
好感度重視というより、個性が薄い。良くも悪くも普通にみえる。

属性
シンプル、20代、きれいめ

雑感
メンズファッション誌の中で、一番「普通な服」という印象。初心者に手ごわく感じるような着こなしが比較的少なく、単純にマネするなら無難だろう。結果的に飛び抜けたオシャレにはならないかもしれないが、それでいい、むしろ普通がいい!という人には一番オススメできるメンズファッション誌だ。その気持ちよくわかります。
でも本当ふつう。あとちょっとエグザイル系のページが多い。

denの一言コメント

パトリシオ(モデルの方)に弱みでも握られてんの??

 

SENSE

出版社
センス

雑誌キャッチフレーズ
時代は『ロックな男』を求めている

年齢
20代?

何が見れる?
黒くて、男男してる、武骨な、ストリートの、ファッション

初心者 ☆☆☆★☆ 上級者
説明は少ない。黙ってついてい来い感。

コスパ ☆☆☆★☆ 高級感
ロックな男は上質なものを知っている(らしい) 

カジュアル ☆★★☆☆  きれいめ
表紙でストリート魂っていってるくらいだし。でも意外ときれいにまとめる雰囲気あり

モテ・好感 ☆☆★★ 個性・トレンド
流行に流されないことに意味があるっぽい。トレンドよりポリシー。

属性
黒、皮革、ロック

雑感
どんなときも黒、黒革ジャンをプッシュしている印象。他に載ってるアイテムもバイク、クロムハーツ、黒い車など、とにかく男らしくありたいみたい。とはいうものの案外スタイルアップのシルエットが押さえてあったり、ドレカジのバランスはちゃんととっているので、言うほど逸脱することはない、あくまでSENSEの範囲である。

ちなみに「2017年より新たに!流行はSENSEから生まれる」(引用)らしいので、男らしさに憧れが強い方はフォローしてみてはいかがか。
てかこういうレビュー・採点とかがすでにウゼエみたいなスタンスを感じるよね。

denの一言コメント
僕はもとからストリート魂とかないです。

 

終わりに

以上、20代男性にオススメのファッション雑誌でした。

今僕が把握できている雑誌のみなので、不足等あるかもしれません。

「ここが全然違う!わかってない!!」

「この雑誌がない!おかしいでしょ!」

というご指摘もお待ちしておりますので、ぜひ下記コメント欄や「お問い合わせ」よりお声をお聞かせください !!

 

ご覧いただき、ありがとうございました^^ 

 

こう読めば面白い!ファッション雑誌の読み方・役立て方

ファッション ファッション-ファッション雑誌研究 ファッション-理論・理屈

 

こんにちは、denです。

この記事では、ファッション雑誌どのように読めばいいかをご紹介します。

 

長いのでお急ぎの方は目次で好きな箇所からご覧ください。

 

 

 

ファッション雑誌とは

f:id:mw-matrixa:20170414231611j:plain

ファッション雑誌は広告

 

ファッション雑誌は、ファッション・雑貨等の各ブランドからスポンサー料をもらい、その企業のアイテムを宣伝・提案することで成り立っている媒体です。

 

なのでファッション雑誌にとっての優先順位は

スポンサー >> 読者 

です。

スポンサー企業のアイテムを魅力的に提案し、読者に好印象を与え、あわよくば購入を促す、それによってスポンサーに評価される、というシステムです。

 

なので紙面にスポンサーの絡まないページはほとんどありません。

結果的に、どう服を着るか?ということにはほとんど触れません。

これが僕含むァッション初心者に置いてきぼり感が生まれる大きな原因です。

 

こういうのどうです??

今はこういうのもあるんですよ?

便利だしスタイルよく見えるよ!!

ほれほれほれほれ!!!!

 

と提案するスタイル※。これがファッション雑誌のほとんどです。

(※今後このブログでは「提案型」と呼ぶことにします)

 

服の「着方・選び方」は提案するのの、その理由の説明はほとんどありません。

なので「ファッション雑誌を読んで服の着方を学ぶ」という試み自体が、初心者にはかなり難しいのが現実なのです。

服の着方を自分なりに把握していて、様々な提案をフラットに受け入れられる人が読むもの、それがファッション雑誌です。

 

ショップ店員に擬人化しよう

服や雑貨の店員さんって様々な方がいますけど…

いるじゃないですか

 

「コレなんかすごいオススメですよぉー」

「これすごい出ちゃって、最後の一個なんですよぉー」

「この服はこの素材をこんな風にしてシルエットがすごい細く見えて~」

 

おっしゃってることは正しいんでしょうけど、初心者には急かされて迷い込みそうになるばかりの言葉です…。

そういうプッシュぶりを、僕はファッション雑誌からもなんとなく感じます。

もっとも、

・アイテムも店員さんもそこにないため買わせるパワー(強制力)はない

 ・替わりに情報量が段違い

などの違いがあるので。付き合い方も全然違いますけどね。

読んでもわからないこと

f:id:mw-matrixa:20170414231631j:plain

その服を選ぶ理由

上述の通りのスタイルなので、服の選び方がひたすら提案されるばかりで、その理由はわかりません。

ひたすらオススメされているものを眺めることになります。

今の色はコレ!とかモテ服!とか書いてるけど、その理由は明言されません。謎です。

 

その服の着方の理由

着方自体は多彩なビジュアルとともにわかりやすい説明がなされています。

ただ、なんでその着方なの?ということはやっぱりわかりません。謎です。

 

つまり初心者が一番知りたいことはわからないということです。

 

ああ、雑誌で勧められてるからアリなんだぁと漠然とした納得しかできない。

共通のルールがないため再現性がなく、次シーズンにまた悩むことになります。

ちょっと辛辣かもしれませんがが、実体験です。 

 

読むとわかること

f:id:mw-matrixa:20170414231818j:plain

各ブランドの特徴

具体的には雰囲気値段ターゲット層ですね。

そのブランドがどんな人に向けたアイテムを出しているかがわかります。

もちろん実店舗に行くのが早いですけど、それがしづらい人や下調べには重宝するはずです。

 

その時のトレンド

程度の差はありますが、流行遅れのモノを載せる雑誌はないでしょう。

つまり「今あるこの服はアリかナシか??」をチェックすることができます。

また、複数の雑誌をまたぐことで全体的なファッションのトレンドの傾向をつかむことが可能であり、その変遷を眺めるのは楽しいかもしれません。

 

各ブランドの力の入れ所

各ブランドが今どんなアイテムを出しているかをつかむことができます。

 

何をウリにしているか。どんな試みをしているか。何に力をいれているか。

ビッグブランドほど紙面を割いて特集されたりしています。そのパワーや意気込みを見るのは楽しいでしょう。

 

高級なアイテムの存在

憧れの逸品を見つけることができます。

それがファッション雑誌の使命でもありますからね。

服・時計・バッグ、ect...。媒体によりますが、庶民感覚ではありえない価格のアイテムも雑誌ではバンバン使われ特集されます。

そこで自分の憧れを膨らませて、日常にハリが生まれるということもあるでしょう。

 

今話題のトピックス

具体的にはタレントさんや映画・旅行・食べ物・シーズンイベントなどなど…

服だけ載せている雑誌は稀です。たいていは何かしらのライフスタイルやイメージとセットで紹介しています。

それに雑誌後半ではその季節の関心ごと、春なら出会い、夏ならスキンケア、冬なら冷えとりect....

とくに異性のファッション雑誌を眺めると、自分の知らない情報が目白押しなので、勉強になるし新鮮さがありますよ。

 

おまけ:目の保養

雑誌全体の8割以上が、美男美女の洗練されたイメージで構成されています。

また巻頭は顕著ですが、各ブランドのイメージポートレート?みたいなハイセンスなが並んでいます。

眺めるとそれだけで目が喜びセンスが刺激されます。「わかること」はなくても、感じるものがあるはずです。 

その際「自分がどうする」はとりあえず置いておきましょう笑

 

 

  

初心者がファッション雑誌を読む前の準備

f:id:mw-matrixa:20170413094850j:plain

あなたはどうなりたい?

ファッション雑誌はその圧倒的情報量のために、なんで読んでるのかを見失いがちになります。

そうならないために、「ファッション雑誌を読むこと」や「ファッション」を通じてどんな人になりたいのかを自分の中で決めておきましょう。

 

たくさんの異性からモテたい。

ひとりの好きな人に好かれたい。

同性から頼りにされたい。

職場やサークルなどのコミュニティで一目置かれたい。

機能・ブランドなどの面で特別優れた逸品が知りたい。

合コンなど勝負の場で戦える服が知りたい。

アウトドアや旅行など、目的に応じた服が知りたい。

どうもなりたくなく、ただイケメン・美女が見たい。

ざっくりと流行を把握したい。

 

などなど…

 

なぜこれが大事かといえば、それによって読むべき雑誌が変わり、読み方が変わります。

もちろん飛び交う情報の中でさまようのも楽しいのですが、僕自身の考えでは「なりたい人になること」が一番価値があることだと思っています。

なのでファッションについても目標設定と、それを叶えることを大事にしてほしいのです。

 

ファッションの法則を把握する

先に服の選び方と着方、その理由。

つまり「ファッションの法則」を把握しておくことがオシャレになる一番の近道です。

 

それがわかってさえいれば、ファッション雑誌を問わずどんな媒体を目にしても惑わされることはありません。

 

具体的には

「なぜオシャレに見えるのか」

「なぜスタイルがよく見えるのか」

「どうすれば自分の理想のイメージに近づくか」

などの共通ルールです。

これについては男性と女性で法則の難易度が段違いどころか次元違いです。

それぞれ分けて説明しますね。

 

男性ファッション初心者は

MB氏の「最も早くおしゃれになる方法」を読みましょう。

とりあえず氏のブログのこのページ (別サイトです)

 

www.neqwsnet-japan.info

を読みましょう。

 

それでピンときたら公式ブログの好きなページを見たり、

書籍なり

Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」
  by カエレバ

 

漫画なり、

服を着るならこんなふうに(1)<服を着るならこんなふうに> (カドカワデジタルコミックス)
  by カエレバ

メールマガジンなりでさらに理解を深めていくとよいでしょう。

 

正直メンズファッションについては、この法則が理解できてしまいさえすれば一気に自由度が広がります。

あとは自身の理想に向けて、きれいめなりモードなりストリートなりオラオラ系なり、おしゃれなまま好きな方に進めていくこともできるようになってるはずですよ。

 

女性ファッション初心者は

男性のファッションの法則と比べると複雑度が段違いです。

簡単にいうと、

男性ファッションの法則である「カジュアルとドレスのバランス」に加え

「華やかさと大人しさのバランス」をそれぞれ理想のポジションに持っていく、

かつスタイルをきれいに見せる法則を実行すればいいのです。

 

ただそれを構成する要素がかなり多いので理屈で組み立てるのが大変なのです…。

フィーリングでうまいことできる女性は困らないでしょうが、僕が女子に生まれていたら絶対あきらめてます…。

ですが僕の長年の分析のかいあって、レディースファッションの法則もようやく解明にたどり着きました!

 

この「女性ファッションの法則」についてはこのブログでどんどん紹介していきますので、期待して続報をお待ちください!

 (女装はしないです)

 

さて、ファッション雑誌を読む準備ができたなら… 

 

ファッション雑誌の読み方

こんなことをふわっと考えながら眺めれば、なじみがない人でも案外楽しめるでしょう。読み方の補助線としてご活用ください。

 

「へーこういう感じを流行らせようとしてるんだな」

 トレンドは作られているものです。

それでも実際マス層のユーザーもある程度それに反応します

今後どのトレンドが流行って廃れていくか、川の流れを眺めるようにウォッチしてみましょう。

「いいけどたっけえなこの服、よく行く店で似たようなの買えるかな」

基本的に雑誌に載ってる服は高くてそんなにホイホイ買えるものではないです。

でも似たようなシルエットや特徴をとらえた服なら案外ユニクロ・GU・ZARAをはじめとしたファストファッションにもあるものです。

自分がなんかいいなと思った服の印象を焼き付けて、試しにファストファッションの店舗を眺めに行ってみましょう。

もちろん金銭的余裕がある人はそのまま買っていただいて結構ですよ笑

 

「へー皆こういうこと気にしてるのかな、てか誰このタレントさん」

雑誌の後半では服以外のコラムやノウハウもたくさん載っています。同性・異性のどちらの雑誌でも、みんながどんなことを気にしているかがちょっとわかった気になれます。

(あくまで気になれるだけです。雑誌によっては眉唾の情報もたくさん)

 

それに雑誌全体で載っているタレントさんには今絶賛売り出し中の若手の方もたくさんいます。

「話題についていく」ことが必要な場合には、手っ取り早く情報を集めることができるでしょう。

 

「ホントに上質・高級なモノってこういうものなんだなぁ」

高級アイテムのどこがどれだけ素晴らしいか、その説明は限りなく丁寧にされています笑

特にメンズファッション誌は薀蓄が豊富だから、そういうのが好きな人には眺めるだけで楽しいでしょう。

憧れがモチベーションになるなら、それに越したことはないですよね。

 

 

 

まとめ

どうやるか(how)ではなく何がいいか(what)を知れるのがファッション雑誌!

・なので初心者がどうやって服選べばいいんだ?と読んでも迷い込む!

・ファッション雑誌を読む前にファッションの法則を理解しよう!

・トレンドやいいモノ、流行りの話題やタレントさんを知るのにうってつけの媒体!

 

f:id:mw-matrixa:20170414231748j:plain

以上、初心者に寄り添いつつ毒を控えめに、ファッション雑誌の読み方をご紹介しました。

 

僕のファッション雑誌に対する思いは複雑で、決して初心者に勧めるものではないと今でも心底思います。

僕のファッション雑誌に関する思い出は以下の記事で。

www.m-w-matrixa.com

 

一方でたくさんの雑誌を眺めるうちに、その情報やイメージのクオリティの高さにはやはり感心させられてしまうところがあり、ひたすらにinstagramに押されてる現状はちょっともったいないとも思うのです。

 

ためしに眺めてみるとあんがい新鮮な刺激がありますよ。

 

以上、「ファッション雑誌の読み方・役立て方」でした。

 

 

こんなときは記事の下のボタンからブックマーク・コメントをお願いします!!

・おもしろかった・ためになった
・また読み返すかも
・他の人にも読ませてみたい
・ひとこと言ってやりたい^^

 

人の服を「量産型」とかいってバカにしてるやつはたいがいダサい

ファッション ファッション-理論・理屈

 

appmarketinglabo.net

この記事には特に文句はない。大変参考になりました。

 

でも、陳腐なレッテル貼って人の服装にケチをつける人って、老若男女いるよね。

 

似た服は「量産型」。個性的な服は「意味不明」。パリコレ見ては「こんな服どこで着るの」って…。

 

何様なんだろうか。

 

 

似たような服装には理由がある

それがわからないのは、文脈と背景を知らないだけだろ。

流れてくるトレンド

ファッションのトレンドは、トップブランドのデザイナーが先導して決めている。

そのトレンドは、あらゆるユーザを飽きさせないようにマスに落とし込まれる数年前から決定されていて、ファッション業界全体を循環させ活性化するのに役立ってる。

 

それが時間の経過とともにマス層まで下りてきて、やがてどこでも買える服になる。

「どこで買おうとしても似た服ばっかり」っていう現象にはその影響がある。

目に見えない流れにも原因があるんだよ。

それがわからないのは、ただ文脈を知らないだけだろ。

 

流行るのはオシャレに見える仕掛けがあるから

ただそれがトレンドだからといって、必ずしもマス層の多くまで浸透しない。

すぐ廃れるのではなく定番化するファッションにはそれなりの理由がある。

 

例えば身体を細く見せるとか、小顔に見えるとか、とりあえずオシャレに見えやすいとか、着るのが楽とか…

 

それがわからないのは効果を、流行った背景を知らないだけだろ。

 

人の服装をバカにしてる奴って鏡持ってる?

f:id:mw-matrixa:20170413094850j:plain

個人的な体験だけど、

「あの服変だよねー」とか「あんな服着て、超遊んでそう」とか

「あれ飾りだろ意味ないだろ」とか「流行りだか何だか知らないけど…」とか

人の服装に文句付けてる奴の、その時着ていた服はいまいちパッとしなかった。

それを口に出すことはしないけど、えっよく言うね?ってのが本音だった。

 

たぶん自分の理解できないものを、とりあえず陳腐なレッテル貼って見下したいんだろうな。

その人がどんなことを考えて、悩んでアイテムを選んだか、想像することもしないでさ。

 

バカにされて傷つかないと思っているのか。悪口は耳に入らないと思っているのか

 

不安になったことはないのか。

 

この服で大丈夫かな…、とか

あの人に変って思われないかなって。

 

センスないって思われたくないけど、どうしたらいいかわからないって悩んだり

あまり得意じゃない服屋に行って店員の猛攻に遭いへとへとになったり

思いっきり気合い入れた服が「なんか○○みたいでウケるね」と一蹴されたり…

 

もしもそれらの想像をひとつもできないなら、試行錯誤の経験がないんだろうな。

よほど自信にあふれてるか、外見を磨くことから逃げてるか。

 

実は俺もバカにしてた

酸っぱいブドウじゃないけど、あまりに理解できないから遠ざけるように文句言ってた。

 

「そんな何年も着ない服にアホみたいに金かけてバカでやんの」

「俺はそういう流行とかに流されないから。自分らしい服着るだけだから」

 

口だけは立派で、でもいつも鏡の前で自信がなかった。

どう見てもぱっとしなかった。理由はわからなかった。心当たりしかなかった。

 

痛い試行錯誤が許される年齢は過ぎていた。自信はないままだった。

ファッション雑誌を読みあさっては余計に迷い込んだ。

 

セレクトショップに行っては店員に丸め込まれて着ない服を買った。

達人気取りの女友達には開口一番に服装を批判された。

 

自信はないままだった。口からは文句ばかり出ていた。

 

試行錯誤の経験があればこそ

でもその経験があって今は、ファッションの良しあしがちょっとわかるようになった。

 

別に今も特別おしゃれってわけじゃない。普通の休日なんか全身ユニクロだけど。

それでもフツーにオシャレだねって言ってもらえるようになったし、何より他の人のファッションの意図がくみ取れるようになった。

 

ここここの色を合わせて気づかい屋さんだねー、とか

縦長が強調されてえっらいシュっとしてるねー、とか

服はシンプルだけど小物にすごいこだわりあるね、時計いいなぁ…とか

ファッションを通してその人の外見への取り組み方がわかるようになった

 

そこには見て想像しかできない創意工夫のあれこれと茶目っ気があって、気づけるか気づけないかではその人に対する見え方が全然変わるんだ。

もちろんほとんどは勝手に当てっこしてるだけだけど、それだけでもちょっと楽しい。

 

そして気づいてほめてあげられると相手は結構喜んでくれるし、逆に自分のささやかな工夫やチャレンジに気づいてもらえるとめっちゃうれしい。

心が弾んで会話もなごむ。めっちゃしゃべって、また会いたくなる。

 

全部、文句いうだけしか能のなかったころの俺にはわからなかったことだ。

 

ファッションをサボってきた人へ

今はすごい量と質の情報があるしファストファッションが充実しているから、昔より遥かにオシャレになりやすい時代だと思う。

金をかけずにそれなりに見せる方法がいくらでもある。

 

僕はMB氏のファッション理論で一気に道が開けたから男性諸氏にはもれなく勧めたい。

 

www.neqwsnet-japan.info

わかりやすく読める漫画もあるでよ。

服を着るならこんなふうに (1) (単行本コミックス)
  by カエレバ

 

 

一方、女性のファッションは男性よりはるかに複雑で自由度も高いから、「自分のスタイル」みたいなものを見つけるのが大変だろうなと想像する。

二次元と三次元くらい違う。まじで要素が多すぎる。

最近ファッション誌の研究もしていたが女性誌は本当に数が、男性のそれよりはるかに多い…。

でもMB氏のマネだが「女性ファッション理論」は僕なりに構築済みで、あとはどう伝えるかを検討している段階です。

「その辺のオシャレ女子みたいにパッと見てマネとかできねーよ!!」という女性がいることを仮定したコンテンツを制作中です。理論派の方はぜひ続報をお待ちください。 

 

終わりに

外見・ファッションは持って生まれたものの差が大きくて向き合うのがしんどい人もいるだろう。僕も全身外見コンプレックスの塊なので、非常に、非常によくわかる。

 

でも、それなりにシュッとみせるくらいなら、案外難しいものでもないみたいだぜ。

外見変わって、周りからの自分を見る目が変わって、それが自信になるなら、金も勇気も案外安もんだと思うんだ。

 

 

ちょっと自分らしさを超えて、一緒に頑張ってみよーぜ。むっちゃ応援するからさ。

 

 

今日お伝えするのはここまで。ご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

20代社会人女性向けファッション雑誌を4誌まとめて紹介!

ファッション ファッション-ファッション雑誌研究

こんにちは、denです。

気が付くと毎週ユニクロから段ボールが届いてきます。別にそこまで安くはないのに…

 

さて、ファッション雑誌特集第7回。

今回はCanCam、GINGER、with、MOREという20代社会人女性向けファッション誌をまとめて4誌ご紹介します。

どんな雑誌か?どんなアイテムが多いか?をメインにお伝えしますので、本屋で眺める際などのご参考にしていただければ^^

 

 

 

CanCam

CanCam(キャンキャン) 2017年 05 月号 [雑誌]
  by カエレバ

CanCamとは

エビちゃんことで一世を風靡して、そのあと最近やや劣勢気味?の超コンサバ系女性ファッション誌。

コンサバは「保守的」でまあ「超無難」ってことと思ってもらえれば。

表紙の「よく見せる方法」からもわかるようにモテることを重視したファッションが多い。

年齢層は20台後半前後がメイン。

CanCam 2017年05月号から見るトレンド

肩掛け、プロ巻はまだ現役のようです。こなれて見えやすいからありがたいよね。

・頻出アイテムはハイウエストのワンピース。フレアな感じでこれぞコンサバ。

・ロングガウンにワイドパンツといったゆったりしたボトムスというゆるいシルエットも多数

・以上のアイテムにレースの透け感やオフショルダー、Vネックなどのヌケ感を足したコーディネートが多数。

zozo.jp

なんとなく雰囲気近いのはこんな感じ。ヌケ感はあまりないけども。

 

GINGER 

GINGER(ジンジャー) 2017年 05 月号 [雑誌]
  by カエレバ

GINGERとは

他のJJやCanCamと何が違うのよって心底思ってきたがなるほどこれは結構違う。

20代中盤を過ぎて甘っちょろいだけの小娘ではいたくなく、辛口な感じとさりげないセクシーさを併せ持ちたい、そんな意思が感じられるのがGINGER年齢は20代後半がメイン。
全体に肌の露出やフワフワ感、キャワイイ感じの小物使いは減って、そのぶんパリっとした素材感と落ち着いた小物を使いつつ、どこかでうまいことスキを作ってセクシーさを足すことで上品に見せる。

 その辺のバランスが非常に好印象なのは やっぱ僕が同世代だからか…笑

雑誌後半には「背中年齢緊急メンテ」。同世代の女性がそういうこと言ってると想像するとちょっと複雑な気持ちになりますね^^;

 

GINGER 2017年05月号から見るトレンド

・アイテムはやっぱりハイウエスト。もし抵抗があるならそれをロングカーデで隠せばぐっと目立たなくなります。

・上半身をコンパクトにする分下半身はフレアスカートや太ボトムスで合わせる感じのシルエットが頻出。

・地味になりすぎないようにする方法として

 春っぽい色肩掛け首スカーフ肌でヌケさせる感じ のうちいくつかを併用しているのを確認。

 ちなみに「肌でヌケる」ってのは「肌出すとなんかこなれて見える」現象のことで、

 最近だと「シャツの肩を抜く」「オフショルダー」「Vネックやボートネックで鎖骨を見せる」ってのが手っ取り早いやり方。
 もちろん背中に自信があればその辺が開いたアイテムも、差別化がはかれていいかも。

・あとなぜかシャツワンピ多い。パリッとしてかつ女性っぽいからか。

 

雰囲気近いのは、肩掛け・ハイウエスト・太ボトムスの観点から

zozo.jp

 あたりかしらね。この人153cmだけど身長全然低く見えなくてすごい。

 

with

with 2017年5月号
  by カエレバ

withとは

non-noちゃんがそのまま社会人になって3年目くらいから読むイメージの初心者向けの雑誌。around25くらいがメイン層。

女性誌の中では説明が親切なほうで好感が持てる。ユニクロGUの特集も一つは入ってることが多いのもシンパシー。

with 2017年05月号から見るトレンド

女性らしさのアイテムとして、オフショルレーススカートを、

 それを中性寄りアイテムワイドパンツカジュアルアウターと合わせて中和してる。

ウエストを高めにしてベルトなどでマークする。基準がその位置になるので足長く見える。

シャツの襟は抜く。今は最初からそういう形のシャツもあるみたい。
・ベーシックなアイテムで揃えて、あとはスカーフとかで脱地味すれば十分華やか。
・服の柄は花柄、ストライプ、ボーダーあたりでなんだも良さげ。

zozo.jp

雰囲気、襟抜きやタックインはこんな感じかな。

 

MORE

MORE(モア) 2017年 05 月号 [雑誌]
  by カエレバ

MOREとは

withちゃんがまた3年ほど経過して読むのがMOREというイメージ。

より女子っぽさ、かわいさ、みたいのを抑えて、さり気なさ・大人ぽさにバランスを傾けている。メイン層はaround28。

 

MORE 2017年05月号から見るトレンド

・ウエストマークにとにかくベルトを使う。個人的にはあまり目立たないのが可愛いと思うんですけど。

・…あとは全体の傾向としてはやっぱりwithとそこまで変わらないかも…^^; 

zozo.jp

ウエストマークがこんな感じ。

 

まとめ

ハイウエストをマークしてあしながに見せてね!

オフショルで女っ気だしつつワイドボトムで中和するなどバランスが大事なお年頃!

「襟を抜く」ってどこから来た言葉なの?襟って抜けるものだっけ?

 

終わりに

とりあえずファッション雑誌特集はこれでラスト。

他にもMEN'S JOKERとかFINEBOYSとかUOMOとかMONOマガジンとか読んだんですけど、トレンド自体に大きな差がなかったのと、結局ファッション雑誌ディスに終始してしまいそうだったので^^;

 

今後は月に1、2回ほどで、トレンド傾向をウォッチしてまとめてご報告します!

他にもファッションについてこんな研究してほしいとかあったら、ぜひお聞かせくださいね!