こじらせ部屋からの脱出

こじらせ部屋からの脱出

おもに体型・ファッション・恋愛・気の持ちようについて

2017年夏のファッショントレンドを紹介!【ファッション雑誌研究】

f:id:mw-matrixa:20170602221733j:plain

こんにちは。denです。

6月始まりましたね!本格的な気温と湿り気で、いよいよの衣替えを迫られる頃かと思います。

 

さてこの記事では、2017年5月中にファッション雑誌を流し読みした中で頻出したアイテムや着こなしを抽出して、wearなどで似た形を探して紹介!抽出はぼくの独断と偏見によります^^

男女どちらにも言及するから、異性の流行も併せてチェックしてみてね!知っとくと話題のきっかけになるかもよ^^

 

 

読んだ雑誌

ここでは読んだ雑誌とそのとき感じたことをそのまま列挙。順番は適当!^^

レディースファッション誌

FUDGE

柄はストライプ ボーダー チェックの順に多いな。全体すずしげでややざらっとした、綿麻みたいな素材感が目立つ。実際はもうちょい女っ気足すのが無難だろうな。

またパリジャンヌっていってる…。

GINGER

白Tシャツ多すぎてゲシュタルト崩壊。使いやすいのもわかるけど、すぐ汚れてへたるのも忘れちゃダメよ。

ハイウエストは絶賛継続中。太目ボトムスやロングスカートがとくに多いね。

 

RAY

無敵の女子大生って感じ。なんでもアリすぎてよくわからんって毎度思う。

それはともかくオフショルに肩巻カーデ合わせるのいいね。露出や日焼けに抵抗ある人にはここから始めるのもオススメ。

 

InRed

白Tシャツ押しすぎじゃない?中に入れるならともかく、一枚で着るなら結局他のアイテムでの要素足しが必要になるから、何にでも合わせられるけど主役や決め手になりづらいアイテムだと思うけど。

でもTシャツの選び方として肩余らせ、身幅広めで肉厚ってのは同意。体の線を拾わず細く見せれるからね。

 

VERY

Tシャツの代わりにひざ下~マキシ丈のワンピース押しが強い。個人的に賛成。

コーデワンパになるけど楽だよね。Tシャツよりわかりやすくあか抜けやすいだろうし。

 

BAIRA

トップス肌見せ方法が目白押し。たしかに生足をバーンと出しずらくなった年頃の女性には重要なテクニックだと思う(失礼)。

背中 デコルテ 肩 腕 腰 腰?!

トップスインの仕方はちょっと変わってきて、Tシャツなどはすっきり入れたほうがよさそうだぞ。

  

Oggi

やっぱりハイウエストは強い。あとそでコンシャスなる服が多くて、ようは袖あたりがすごいゆったりしつつたゆんとしてる感じ。

2017トレンドキーワード「袖コンシャス・ボリューム袖」! | パーソナルカラー&スタイル いろ結い(いろゆい)(別サイトです)

袖コンシャスについては↑のサイトが詳しいかも。 コンシャスとは「意識的なさま」なんだよ袖意識ってよ…

 

with

鮮やかめの色プッシュがすごくて誰が似合うんじゃそんな色ワリャクソって思ったけど、そのあときっちりパーソナルカラー診断入れてきた。with、やはりあなどれぬ。

肩をオフショルかノースリで出して、下はハイウエストの太ボトムかスカートって感じがほんと多い。スカートはひざ下丈がほとんどでそれより長いものが多数。ミニはちょっと奥のほうにしまっておこう。

 

non-no

「真顔がかわいい」って特集に思わず笑った(真顔)

スタイルアップ講座がわかりやすくてよい。

アイテムとしてはキャスケット、首スカーフ、肩見せ(オフショル・レース透け)が頻出でした。

 

CanCam 

いつのまにinstagram攻略本になったの?

 

MORE

GU特集が熱いなぁ。

ミニスカはやっぱり今あんまりらしい。やっぱり太ロングパンツかひざ下~マキシ丈が多数。

 

CLASSY

男っぽいライトアウター(デニムジャケットやミリタリー)は着ずに肩にかけるのがほとんどなのね。

とにかく下半身の露出が多くなく、代わりにトップスでさり気に露出をつくってヌケを作るスタイルが多い。全紙共通。

カーデ肩掛けはさすがに全盛過ぎたけど、便利だからどんどんやったらいいとおもう。

 

メンズファッション誌

men's FUDGE

でかめのトップスをタックイン多数。

だからTシャツ一枚でオシャレになるのは素材のいいひとだっつーの…。

頻出はでかめストライプシャツと細くないショートパンツ。うんMBのコーデと被ったわ。ミニマリスト特集のせいかスニーカーが多いな。

 

FINEBOYS

身長別特集には「おっ!」っと思ったが、around165のページ少ないのね^ω^

ストリート・スポーツなテイストが多い。特に開襟・ラインパンツが頻出。

帽子は前髪出して被ってるのが多いね。まあそのほうがごまかし効くから助かる。

 

MEN'S NON-NO

トップスはTシャツが開襟シャツがほとんど。首元がちょっと寂しくなる分インナーをモックネックにしてバランスとってるのも見かけた。若干暑そうだけどね…笑
柄はチェックやボタニカルなど、とにかく主張が強そうなのが多い印象。

 

 

UOMO

いいかげんVネックの流れがあるかと思ったがそうでもなかった。相変わらずのクルーネックかインナーが見えないシャツが多いかな。
ハーフパンツが増えてきて、ビッグシルエットトップスにひざ上ショーツが多い。Tシャツを使うコーデの靴はやっぱりちょいドレス気味が多いね。皮面積多めのサンダルとか。
色ではライトブルーとテラコッタがオススメらしいけど、ライトブルーってこの季節毎年オススメされている気がするの。

BIGIN

毎度そうだが、紹介文でうまいこと(オヤジギャグ)言いすぎて内容の意味がよくわからねえな…。これでイイモノは探せるのかもしれないけどオシャレにはなれそうにない、ってさすがに失礼か。

それはともかくいよいよサコッシュ流行らせてきたな。

zozo.jp

サコッシュってのはこういうバッグのことで、もともと自転車乗りようの四角くて薄い肩掛けバックらしい。こうやって上着の中にかけるとなんか新鮮。

オススメトレンドトップ3

僕がトレンド抽出して特におすすめなトレンド要素を、お手本となるコーデとともにご紹介!なおお手本コーデは今回はすべてwearから拝借させていただきました。

なお、 ここで紹介するトレンド要素とは
「流行とかよくわからん初心者でも取り入れやすい流行要素」です!少なくとも僕自身が実践できそうにない・全然ピンとこないアイテムについては紹介しません。あらかじめご了承ください・v・

レディースファッション

 

1. 肩の露出(オフショル)

断トツ目立ってたのはこれですね!鎖骨ちょい下くらいのオフショルダーやノースリーブが年齢問わずたくさん見受けられました。これは下半身側での露出が控えめであることと無関係ではないでしょう。

wear.jp

お手本としては例えばwearで見かけたこんなコーディネート。肩部分だけカットになってる甘めブラウス。

透け感ある白・ふわふわ袖コンシャスオフショルダーという甘々トップスをGUのスキニーデニムでパリッと引き締める形。オフショル系の攻略ポイントは、こんな感じにボトムスの露出を控えめにすることっぽいです。スカートを選ぶ場合もひざ下~マキシ丈が断然今年っぽくおすすめです。

 

ちなみにノースリーブやオフショルダーに抵抗ある方は、カーディガンの肩掛けなど上から被せるなどして慣らしていくのがオススメです。例えばこんなコーデ。

wear.jp

ノースリーブに同色の肩掛けすることでこなれ感がましまし!まさにお手本^^
ウエストは高く、全身黒で揃えることで非常にスタイルよく辛口こなれ系に見える!ちなみにこれでバッグの色まで暗いと闇の戦士になっちゃうけど。腕の露出によるヌケと軽い素材の夏バッグがバランスをとってくれてる!すごいね!

2. ハイウエスト

これはトレンドというか今の基本形というべきでしょうか。トップスを丈長めスカートやボトムスで高い位置でインするのが定番な様子。バストのちょい下くらいでのタックインやサッシュベルトなどでウエストマークすることで、脚長にも見えるんですよ!

代表としてこちらのコーデをご紹介。靴以外GUでピアスは3coinsって尋常じゃない

ハイウエストの太ボトムスにゆったり袖コンシャスなトップス。カーキにネイビーと全体的に男前装備ですが、アップにした髪のおくれ毛と3coinsの大振ピアスで女性っぽさが足されています。トータルは野暮ったくなく、媚びない大人の辛口のコーデで落ち着いてます。素敵ですね。

ちなみにハイウエストが苦手な方はロングガウンなどで見える面積減らすと抵抗少ないと思います。例えばこんなふうに。

wear.jp

個人的にオススメしたい軽い素材のガウン。こちらは白のレースで透けまくり。女性的な要素がばっちり出るので中トップスとデニムは辛口タイトに抑えてVIシルエット、バランスバッチリでたいへん素敵。 てか身長153cmに見えなくない?

3. スカーフ

多紙の随所でアクセントに使われてました!首、手首、ベルト替わり、バッグに結ぶなど。いろんなアレンジの仕方ができるので一つ持っておくと一気にオシャレが楽しくなるでしょう!

wear.jp

例えばこんなふうにベルト替わりにしてるコーディネートや、

wear.jp

バッグに結んでいるコーディネート。スカーフを取っ払ったり無地の黒にしてみたらどうでしょう…?鮮やかな色柄をピンポイントで使えるスカーフの威力がわかると思います!

メンズファッション

1.ビッグシルエット

これは本当に多いというか前提って感じさえありました。トップスかボトムスがデカいのはもちろん、両方ビッグだって全然新鮮でいいじゃん!みたいな空気を感じました。
もっとも体型難民の僕はVかAシルエットにしておきますけどねー!身長ある程度ある方はこれを機会にガツンとデカいドレスめのアイテムにチャレンジしてみてほしいです(・v・`)

 

wear.jp

例えばこんなコーディネート。この後紹介する開襟シャツもサコッシュバッグも取り入れてるトレンド感完璧なコーディネート。

つーかこの人やべえ。wearのメンズで突出してる。スタイルもいいしイケメンなのが雰囲気でわかる。嫉妬を抑えるのがつらい^ω^

2.開襟シャツ

開襟とは立たずに開いて倒れてるような襟のこと。襟がたってない分かなりくだけた印象になるし小顔効果がちょっと薄いので個人的には避けていたんですが、だんだんいいな…って思えてきました笑

例えばこんなコーディネート。 

wear.jp

ラインパンツと開襟シャツというトレンド感ありありのコーディネート。全体的にカジュアルな要素が強いアイテムが多いけど、色をダークトーンで押さえてシルエットも細身なので今風ながらもバランスバッチリ。お手本のようなコーデだと思います!

先ほどビッグシルエットで紹介した方が再登場してしまいました。こちらも長いベルト垂らして、ボトムスビッグシルエット、シャツは開き襟をタックイン。トレンドという意味でこれ以上のコーデは見当たりませんでした。畏敬の念を禁じ得ない^^;

3.サコッシュバッグ

前述のサコッシュバッグ。使うなら例えばこんなコーデも。

wear.jp

 いよいよ夏って感じの半袖短パンコーデ。しかし無地のつるっとしたポロシャツやドレスライクなスニーカー、色をモノクロで揃えることで大人っぽい印象が担保されてます。涼しく快適なのに子供っぽくなくサコッシュバッグでトレンドも抑えたコーデ、素敵です!スタイルがよすぎて嫉妬を禁じ得ない…^^

 

まとめ

2017年6月あたりのトレンドをファッション雑誌からご紹介しました。

レディースファッションは…
 ・肩の露出(オフショル)
 ・ ハイウエスト
 ・スカーフ
メンズファッションは…
 ・ビッグシルエット
 ・開襟シャツ
 ・サコッシュバッグ

あたりを取り入れてみると、ぐっと今っぽくなること間違いなし!

参考にしていただければ幸いです^^

 

以上、情報共有でした!!