こじらせ部屋からの脱出

おもに体型・ファッション・恋愛・気の持ちようについて

ちゃんと恋愛できる女性になるために大切なこと

anond.hatelabo.jp

 

今からでも間に合う。できることからどんどん始めましょう。

 

f:id:mw-matrixa:20170328191233j:plain

 


ただ人に愛される前に、まず自分で自分を許しましょうね。

言い換えると、自分を好きになる。自信をつけるってこと。

自信がないことのつらさは、ご自身が一番わかってるみたいだしね。

 

でも私が今よりずっと自信がなかったころ、

「は?自信?なにそれ」

「どこにあるの?どこで身に着けられるの?」

「みんなどこで見つけたの?ぼくはどこにおいてきたの……」

って思ってたわ。

あまりにも実体がなくて、自分ごとにならなくて、とらえどころが無さ過ぎてつらかった。

貴方がそうじゃなかったらいいけど、もし同じ気持ちならちょっと聞いて!

今だからちょっとわかるんだけど…

 

自信っていうのは

 

自分を好きになって、自分を信頼できるということ。

だから、「自分を好きになれること」を積み重ねていけば、

「自分への信頼と約束を裏切らず果たし続ければ」ちょっとずつ身につくことだと思うの。

ただ、そういうときにはき違えてしまって苦しむ原因になることがあるのよね。

 

それは「自分らしいこと」「自分を好きになれること」を混ぜこぜにしてしまうこと。

 

 

 

「自分らしいこと」と「自分を好きになれること」

 

f:id:mw-matrixa:20170327235015p:plain

 こんな図になるかしら

 

「自分を好きになれること」かつ「自分らしいこと」があればそれはとっても素晴らしい。

積み重ねていければ、その行動の厚みはきっとあなた自身を誇らしいものにしてくれる。

 


でも自分を変えるためにやらなきゃいけないことって、大体が

「自分を好きになれそうだけど」「自分らしくないこと」

やり始めたときは「自分らしくない」と心のどっかで思っちゃうから

自分が不自然で不格好なことをしている気がしちゃう。


一方で「自分を好きになれそうにない」「自分らしいこと」っていうのは

言い換えると堕落した習慣で、楽だけどもいつもどおりの自己嫌悪を生んでしまうの。

(経験談よ)

 

前者は自分が自分じゃないみたいだし、後者は自分の嫌いな部分を変えられない

どうしたらいいのって思ってしまうのよね。そういうことないかしら。

 

f:id:mw-matrixa:20170328000028p:plain

 目が痛いわ。

どうしたらいいの?

 

じつはこの問題の解決策はシンプル。

それは自分らしくなさを受け入れる

今までの「自分らしさ」にちょっとずつヒビを入れていくということ。

なぜなら自分らしさ、自分への認識、セルフストーリーというのは

一見強固でもう変えられないって思いがちだけど、

行動を変えれば一緒にちょっとずつ変えていけるものだから。

 

セルフストーリーって?

 

これまでの経験と感じたことなどからつくられる自分らしさの連なり、のようなもので

誰もが自分のセルフストーリーにふさわしい自分をどんなときも演じている。

それが自分らしさで、それに反することはアウェー感にストレスを感じて、

どんな些細なことでもセルフストーリーから外れることをするのはとっても勇気がいるのよね。

(熱心なiPhone派とAndroid派みたいなのがちっちゃくてわかりやすいわ)

(自分のセルフストーリーって何って?うんうん、わかるわ。)

 

 でも、実はそれをかたくなに守り続ける必要はないの。

それより貴方があなた自身を好きになれることのほうがよっぽど大事。

今のセルフストーリーがあなたにとって好きになれそうな文脈ならいいけど

もしそうでないなら、その自分らしさはいったん置いておきましょ。


それより、好きになれそうな自分にまずなるために、

「それをする自分を好きになれそうか」どうかで行動するの。

最初はチグハグな感じでつらいけど、「自分らしさを乗り越えること」自体に慣れさえすれば

あとはどんどん今までと違うことができるようになるわ。


それを続けていった先には、

いくらか形をかえた自分らしさと、

なんだかんだ悪くないと思える前より素敵で信頼のおける自分

ひっくるめて「自信」があなたのものになってるはずよ。

 

なんで恋愛のさきに自信??

なんでこんなにアンダーラインばっかり引いて自信つけなさいっていうかというと…

自信のないときの恋愛ってどうしても相手に依存してしまって不安定になるし

万が一破局したりした場合に支えるものが足りなくて落ち込み度が半端無いのよ。

(経験談。人によるけどきっとそう)


だから恋愛に関わる他のこともどんどんやっていいけど、

そのとき「自分が好きになれそうかどうか」もいっしょに大事にしてみてね。

 

ちなみに自分が好きになれそうかどうか については突き詰めていくと

自分の理想ってどんな人?って問いにぶつかるわ。

 

理想の自分って?

これが一番大事なところで、ことあるごとに振り返ってほしいところなの。

何を持ちたいより何をするかで、何よりどんな人になりたいか。

これを何度でもあなた自身にたずねてほしいの。

(be-do-haveの法則ってやつね)


そしたらどんなことをすると自分を好きになれるかがちょっとずつわかってくるから。

 

それをやって、やって、繰り返していけば

あなたにとっての理想の女性に、

好きになれそうな自分に、

自信あふれるあなたにきっとなれるわ。

 

まとめ

自分っぽい、自分にとって楽なほうに流れてきて今がある。

これからは未来の素敵な自分らしさのために、

今ちょっと無理してでも理想の自分に向かっていきましょ。


大丈夫。

同じつらさを持っている人、乗り越えた人、これから乗り越える人、たくさんいるわ。

あなたにもきっとできる。一緒にがんばりましょうね。



www.youtube.com

世代よね?カラオケでもどこでも散々聞きふるしてるかもしれないけど、

もしかしたら今の貴方にこそぴったりかもって思って、あえて載せるわ。

Mr.桜井、褪せない曲をつくるわよね。

 

 

終わりに

 

ずっとたくさんの人に伝えたかったことです。

 

でもE-A-T(※)のどれでもないNON-E-A-Tの元NEET

食べられる部分の少ない、人生にもロスの多い僕

こんな自己啓発みたいなこと書いても誰も読まないし…ってためらってました。

※E-A-T:Expertise(専門性)-Authoritativeness(権威)-TrustWorthiness(信頼)。

        googleが記事の良しあしを判断する大事な基準のひとつ

 

ですが元増田さんの記事を読んで、

「書いていいかどうか」を考えるのを超えて

「書かなきゃ」って感じたんです。

つまり勇気をもらったんですね。

 

本当は過去の自分みたいなひきこもり男性にまず伝えたい事。でもそれより何より

どうしても伝えたい誰か一人に向けて書くってのは気持ちが奮い立つものね。

ひょっとしたら異常な人間観察力と文章力を併せ持つおじさんかもしれないけど

それでもこっちが勝手に助かりましたわ。ありがとうございます。

お互い、頑張っていきましょうね。

 

 

セルフストーリーについては以下の書籍で勉強させていただきました。 

続・インタフェースデザインの心理学 ─ウェブやアプリに新たな視点をもたらす+100の指針
  by カエレバ