こじらせ部屋からの脱出

こじらせ部屋からの脱出

おもに体型・ファッション・恋愛・気の持ちようについて

【著作権】書籍の画像をブログに使いたいと出版社に問い合わせた結果

本や漫画の画像を載せたいけど、著作権とか大丈夫なんだろうか。
よくわからなくて不安、グレーゾーンな行為かと思うと後ろめたい…

そんな気持ちから「画像使っていいです?」と出版社に問い合わせてみた、その結果を報告します。

f:id:mw-matrixa:20170228235755j:plain

問い合わせた結果

一部ページ(表紙と「本書の使い方」の項目)の使用を許諾していただきました!
株式会社ソシム 編集部様、ありがとうございます!!

www.socym.co.jp
喜びのあまり貼っちゃお

書籍の画像使用について問い合わせた経緯

こちらの記事で「カラーと配色の基本BOOK」についてご紹介しました。
www.m-w-matrixa.com

こちらの書籍、デザインの本だけあって表紙がとてもきれいなのですが、はたしてこの画像を勝手にブログに使ってしまっていいものか気になってしまいました。
せっかく気合いを入れて書いた記事がなんらかのトラブルの火種になってしまったら悲しいですからね。

著作権自体には引用の範囲内なら法に問われないようですが、あまり自信がない…。
www.bungunote.com
(こちらのサイトで勉強させていただきました。)

なので直接問い合わせてみよう!!
これで1つのケースとして、書籍の画像が使われること、またその問い合わせがあることを出版社がどう感じるのかが垣間見えるかもとも考えました。

著作主に画像使用を問い合わせるリスク

単純な思い付きでしたが、決してリスクが見えなかったわけではありません。
見方によっては書籍の書評そのものがグレーゾーンの行為とも考えられます。
書評記事自体が著作権違反と判断されてしまった場合、想定外の多額の請求が発生するというケースも考えられます。

今回僕は寛大なご判断をいただきましたが、記事の内容や著作主様の判断によっては全く別の結果になることも考えられます。
安易にマネなさらぬよう、リスクを承知の上でご検討ください。

実際出版社とどんなやりとりがあったのか

今回は該当書籍の出版社であるソシム株式会社様の問い合わせページからフォームに沿って相談させていただきました。

具体的な相談内容としては、
・運営しているブログの説明
・画像として使用したいページがどこか
・出版社様の判断次第で記事削除も含めて迅速対応する旨
・ブログ記事のURL
・僕の本名

を明記しました。

すると、画像使用について快く許諾いただいた上、記事についても暖かいコメントをいただきました!
喜びのあまりもう一冊くらい買っちゃおうかな!!みたいな気分になりました。

画像使用許可が下りた理由の考察

これは自画自賛になりますが、記事の内容で書籍へのリスペクトが伝わったからではないかと思います。
僕自身、無いセンスを補おうと必死にカラフルなページをめくって勉強しましたからね笑

結局のところブログと出版社でwin-winになるような記事であれば、問い合わせ自体は案外快く受け止めてもらえるのかもしれませんね。


まとめ

・ブログの書評記事に書籍の画像を使っていいか出版社に問い合わせた
・画像使用の許可をもらえた
・理由は出版社にもメリットがあったからではないかと推察


今回は心の広い判断をいただけて、大変ありがたかったです。
いやなんというか、もはや画像を使用してよいかどうこうより、本を出版している側の人に書評を見ていただくということ自体がすごいことだと感じます。
記事が未熟なことについては恥じいる気持ちもありますが、一方で想像以上の嬉しさがこみ上げてきました。
重ね重ね、ありがとうございます!

もちろん他の書籍や出版社様、記事の内容によっては結果が異なることもあるでしょう。
問い合わせる際は、まず礼の失することなきよう、かつリスクを覚悟のうえでお願いいたします。


一応、念のため…
僕はこの手段が常態化することは望みません。
おそらくないでしょうけども。




あ、こちらももしよろしければ……
いやほんと、なってくれたら心底うれしいです!!よろしくお願いします!!!