こじらせ部屋からの脱出

こじらせ部屋からの脱出

おもに体型・ファッション・恋愛・気の持ちようについて

「VOGUE」にはプラダを着たスタンド使いの悪魔がいる【ファッション雑誌研究】

 

こんにちは。帰宅ユニクロ部 denです。

 

ファッション雑誌研究、第2回は

「VOGUE JAPAN(ヴォーグジャパン) 2017年 04 月号」

です。

 

VOGUE JAPAN(ヴォーグジャパン) 2017年 04 月号
  by カエレバ

 

 

VOGUEとは

ハイファッションの最先端を行く雑誌のひとつとして知られ、掲載商品の貸し出し元にも欧州の名門ファッションブランドが軒並み名を連ねる。
この雑誌に取り上げられたモデルは全世界的な知名度を獲得することになるため、ファッションモデルが有名になるための登竜門としての役目も果たし…(後略)

(wikipediaより引用)

 ふええ…格式たかいよぉ…

 

 VOGUEと「プラダを着た悪魔」

僕がVOGUEと聞いて思い出すのが「プラダを着た悪魔」という映画。

プラダを着た悪魔(特別編) [DVD]
by カエレバ

 

というのも、この映画の舞台となる雑誌「RUNWAY」のモデルとなったのが「VOGUE」といわれているからだ。

映画を見ればわかるが(面白いしハサウェイは超かわいいしストリープすごい)、

VOGUEとはつまるところファッション雑誌の頂点。


パリコレ、オートクチュール、数多のトレンド(※)…etc.

ファッションにおける美と芸術と価値観の最先端を示し続けるという、その圧倒的な歴史とプレッシャーを一身に受ける孤高の存在なのである!!

 

※三つの単語は並べてなんとなくスゴい感じにしたかっただけです。ミラノも東京もスゴいはずです。

 

ファッションのド素人でもVOGUEを楽しむ方法

 

ズバリ、先にプラダを着た悪魔を見ましょう。

これでファッション業界とファッション誌の関するイメージがグっとつかめるようになります。

映画自体もけっして損はさせない面白さがあります。

 

そしてVOGUEを読むときには、

「この雑誌にはミランダみたいな編集長がいて、悪魔的采配を振るいながらこの雑誌をつくってる」と想像しながら読んでみましょう。

 

 

それだけで、僕のような素人にも100倍楽しめる雑誌に変貌します。

f:id:mw-matrixa:20170410013220j:plain

サンキューミランダ 

 

そして始まる奇妙な冒険

その圧倒的な背景とブランド力におののきながらページを開いて最初に思ったのは

 

なんだ、この、奇妙な冒険のようなッ…

そうJOJOを読んでる気分になるッッ!!

ああ、このキャラなんだっけ。6部の序盤にいたよな、遠隔操作系で…(いない)

 

とにかく出てくる写真がジョジョっぽい。絶対スタンド使いって感じ。

というかジョジョがモードファッションぽい、が正確なんだけどね。

我が流法(モード)は光ッ!!(2部)

 

まあ全身ユニクロ部とGU部の掛け持ちである私から出る感想なんてそんなものだ。

ただそれでも気づいたことがひとつある。

 

ファッション広告の最高峰


それは、

各ブランドの本気の本気が見れる(ような気がする)のはVOGUEだということ。

 

モデルも服も、いやファッション以外のこの世全ての商品がそうだが、
そのラインナップや広告には、媒体とそのユーザーに合わせた、それ用の誂えがあるのだ。

 

そしてVOGUEに載るからには、当然VOGUE向けの誂えを施すことになり、
つまるところ最高峰、ブランドの威信を賭けた本気のものにせざるを得ないということ。


ミランダみたいな編集長がいるとしたら、なおさらね。

 

だからエルメェス、ケンゾー、マックイイーンなどのジョジョ6部でしか縁の無いブランドから、
アディダス、ラコステ、コンバースといった割と身近なブランドまで、

VOGUEに載るときには各ブランドの本気のモード感が見れると思っていい。


そう思うと一気に楽しくなってくる。ドラゴンボールのインフレ大決戦みたいな。
(ぼく自身はシンプルな服がすきです)

 

雑感

・疎くて知らんかったがテイラーヒルってかわいいいい。思わずインスタ始めた。

www.instagram.com

・中村アン、という知ってる名前がでてきてなんとなくほっとした。
 けど着てるドレスはカタチも価格も規格外だし、雰囲気がまるで違う。
 そりゃ元からキレイだけど、ここまで美しいと思ったことはなかった。

 

トレンドアイテム


・全然わからん。

 とにかく脱地味。地味に感じることはほぼないという印象。

 ノームコア※の反動って解釈でいいのかしら。バックナンバー見ないとわからんけど。

・ただ、バッグは小さいのが多いね。小脇に抱えるクラッチみたいなやつ。

全体としてビッグシルエットの流れがあるから、それときれいな対比になるのは小さいバッグなのかも。

※ノームコア:ラフでカジュアルな「きわめて普通の格好」を指すファッション用語。ノーマル(noemal)と究極(hardcore)を合わせた造語。高級さや際だった感性といった「人とは違う」要素から遠ざかり、敢えて人と似たり寄ったりな変哲ない服装を選ぶ、というトレンドの流行と共に登場した語。

(日本語表現辞典 Weblio辞書より引用)

 

まとめ

・モードファッション誌を読む前に「プラダを着た悪魔」や「ジョジョの奇妙な冒険」を読んでおくと、楽しみ方が激増!

・VOGUEはファッション雑誌の最高峰!載る広告も各ブランドの本気の本気!

・トレンドは、わからん。庶民には服の参考にはぜんぜんならない!笑

 ただ、クラッチなどの小さいバッグは今後も継続しそう。

 

終わりに

 モードファッションについて、学生あたりのころは正直

 「乳首でてるwwww」とか
 「これどこで着るんだよwwww」とか言ってバカにしてた気がする。

 

 今はそれより
 この服は、着て歩いたらどんなふうだろう?とかその揺れて流れる様子を、想像したくなるようになった。


てめーのいう、あの服なんて隠れれば十分だったこの俺が、
こともあろうに最先端モードファッションに感動を見出したぜ。
少しは成長したかな…(2部

 

性別の垣根を越えること、性差を考えること、女性の美しさに向き合うこと。

VOGUEはその巨大すぎる使命の重みを肩に受けながら、時代は「こう」だと示し続けているんだな。

 

素人の僕から見えたのはこれくらい。


That's all.(以上よ)

f:id:mw-matrixa:20170410013236j:plain

グラッツェ ミランダ